米軍側「80人死亡」報道。イランのミサイル攻撃で報復はあるか?

2020.01.08
154
by tututu
shutterstock_716498572
 

「米国のテロリスト」死亡者80人、負傷者200人

イラン国営テレビが8日、同日のイラク国内の米軍基地への攻撃により「米国のテロリスト」が少なくとも80人死亡したと報じたと複数のメディアが伝えている。
国営テレビはイランが15発のミサイルによって攻撃を実施したと報道。米側に迎撃されたミサイルはなかったとし、米軍のヘリコプターや軍事施設に激しい損傷をもたらしたとしていて、「米部隊側の80人が死亡、200人が負傷した」と人数について伝えている。
これまでアメリカ軍の犠牲者については、アメリカ政府関係者の話として、「犠牲者は確認されていない」と報じられていた。
国営テレビによると、イラン革命防衛隊の幹部は、米国が反撃すれば、イランには域内に他に100の攻撃目標があると発言。8日未明のイランの報復攻撃は、3日にイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官が米軍によって殺害されたのと同じ時刻をねらって実行されたと日本経済新聞は伝えている。



image by:Shutterstock

print
いま読まれてます

  • 米軍側「80人死亡」報道。イランのミサイル攻撃で報復はあるか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け