大炎上の香川「ゲーム利用時間制限」条例案に「うどんも禁止だ」

2020.01.10
558
by MAG2NEWS編集部 NK
shutterstock_1176828529
 

香川県議会が、ゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例の素案に具体的な制限を盛り込んだとNHKなどが報じた。ゲームの利用などについて、高校生以下の子どもを対象に1日あたり平日は60分、休日は90分に制限する。他にも、夜間の利用について、小学生や幼児を含む中学生以下の子どもは夜9時以降、高校生は夜10時以降制限するという。ネット上では「子どもは何して遊べばいいの?」「うどんも禁止しとけ」など批判の声が殺到している。

全国初のゲーム依存に特化した条例

県議会は、県民からコメントを募った上で、来月開く定例本会議に条例案を提出する方針だ。ゲームやインターネットの依存症の対策に関する条例は、全国に先駆けて検討しているため、成立すると全国初のゲーム依存症に特化した条例となる。

罰則規定はある?

いずれも罰則規定はない。しかし県は、子どもたちに条例を守らせることを、保護者や学校の責務として明記する予定だ。

print
いま読まれてます

  • 大炎上の香川「ゲーム利用時間制限」条例案に「うどんも禁止だ」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け