新型肺炎、日本人の感染を初確認とFNN報道。政府関係者が明かす

2020.01.23
15
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1615056385
 

中国・武漢で発生した新型コロナウイルス について、肺炎で重症になり、日本人の感染を初確認したと、フジテレビ系のニュースネットワーク「FNN」が、日本政府関係者からの話としてスクープで報じた。感染したのは、中国の武漢に在住する60代の日本人男性だという。

FNNプライムオンラインによると、政府関係者の話として、新型コロナウイルスに感染したのは、60代の日本人男性。中国人の妻と武漢に在住しているという。関係者によると男性は重症で、政府が情報収集を急いでいるという。

新型肺炎をめぐっては、日本の神奈川県在住の中国人男性(30代)が新型肺炎に感染していたことが発覚しているが、日本人の感染を確認したのは初めてとなる。中国のネットによる最新情報では23日午後4時現在、中国国内での感染者数は616人、死者17人となっている。感染源については、CNNなどに「爬虫類の蛇である可能性が高い」という報道が出ている。

source: FNNプライムオンラインCNN

image by: KernelNguyen / Shutterstock.com

print
いま読まれてます

  • 新型肺炎、日本人の感染を初確認とFNN報道。政府関係者が明かす
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け