日本でも新型ウイルス初「陽性」患者の衝撃。中国では死亡事例も

2020.01.16
122
by 編集部サトシュウ
shutterstock_313921043
 

ついに日本でも初のウイルス感染者

中国で発生した新型コロナウイルス。日本でもついに初の陽性患者が出てしまった。朝日新聞NHKによると、中国・武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎患者が集団発生している問題で、厚生労働省は16日、武漢市に渡航歴のある神奈川県在住の30代男性が日本国内で肺炎の症状を訴え、ウイルス検査で陽性反応が出ていたと発表した。国内で患者が確認されるのは初めて。

今月3日に発熱の症状を訴え、6日に日本に帰国したあと医療機関を受診し入院。国立感染症研究所が検査した結果、武漢で相次いで確認されている新型のコロナウイルスが検出されたという。男性の症状は回復し、15日に退院した。男性は今回の肺炎患者が相次いでいる武漢の海鮮市場には立ち寄っていないと話しており、厚生労働省は肺炎の患者と濃厚接触した可能性があるとしている。

中国では死亡事例の報告

昨年12月に報告されてから拡大を見せていた新型コロナウイルス。日本で初の陽性患者が確認された一方で、ついにそのウイルスが原因とみられる死亡者が出てしまった。中国湖北省武漢市政府が市内で多発しているウイルス性肺炎により、初めて死者が出たと発表。死亡したのは61歳の男性で、今回肺炎患者を多く出している武漢市中心部の海鮮卸売・小売市場で、いつも商品を仕入れていたと時事通信が伝えている。死因は呼吸不全。

今月5日の時点では59人の感染者が確認されており、そのうち7人が重症とされていた。しかし、11日の発表では感染による肺炎患者が41人とされ、18人は新型ウイルスに感染していなかったとみられている。

中国の専門家チームは複数の患者から新型のコロナウイルスを検出し、病原体だと暫定的に判断。新型肺炎(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)を引き起こすコロナウイルスとは違う種類で、専門家からは「ワクチン開発には数年かかる可能性がある」との見方も出ているという。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 日本でも新型ウイルス初「陽性」患者の衝撃。中国では死亡事例も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け