恫喝に裏工作。マンション大規模工事で賄賂受け取る老住民の正体

shutterstock_1348821674
 

マンションにとって「一大事業」とも言うべき大規模修繕。その工事内容や費用に無駄があってはならず、情報は住民に開示されるべきですが、古い体質の管理組合では、未だにコンサルとの馴れ合いで工費設定がなされることもあるようです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、ある管理組合に居座る修繕委員長という謎ポストの実態を記しています。

「俺が信じられのないか」「文句があるならやめる」って何?

こんにちは!廣田信子です。

「修繕委員会」って何なんですか?40歳代の若い理事長さんが憤慨しています。3年前に、築25年の中古マンションを購入。今年、輪番で理事になり、理事長になったのです。理事長には自分で手を挙げたそうです。どうせなら、管理組合運営で気になるところを少し変えたい…と。

過去2回出た総会では、理事長は進行台本にある決まりきったことしか話さず、報告や一般説明は管理会社が行い、修繕工事に関しては、修繕委員長のAさんという人が説明します。そのAさんが言っていることが分かりにくくて…、でも、質問があると、何か高圧的な雰囲気で返すし、理事長も、管理会社も、何かAさんに気をつかっているのです。

修繕委員長って、いったい何者だろう…と気になって管理会社の担当者に聞くと、理事会の諮問機関の長だと…。でも、理事のように総会で承認されていないし、修繕委員会の他のメンバーが誰かも不明確なのです。管理規約を見ると、修繕委員会は、専門委員会のひとつのようで、理事会の諮問機関となっています。

で、今何を諮問しているの?と担当者に聞くと、特に何を諮問するという訳では無く、修繕工事に関すること全般の検討をされている…と。何だか、よくわからない諮問機関です。

今回の総会でも、2回目の大規模修繕工事を実施予定だと大きな予算が組まれているけど、その根拠となる数字はなくて…。えっ、これで承認しちゃっていいの?と言う状態だったけど、これから、具体的な検討をするんだし、今期は、自分が理事なんだから、そこは、しっかり検討すればいいか…と思って理事長にも立候補したのですが…。

引継ぎの時に、前の理事長に、大規模修繕工事の具体的な内容や金額の根拠を聞いても、自分はわからない。修繕委員長Aさんが全部やっているから…と。で、仕方がないから、修繕委員長Aさんに聞くと、「全部まかされているんだか、こちらで段取りするから大丈夫。前回同様Bコンサルに頼むことに決まっているから」…と。えっ、そんな説明は総会ではなかったし、誰がどこで決めたの???…です。

どうしてBコンサルなのか…と聞くと、「前回も頼んでいて、長い付き合いだから」…と。金額は?契約内容は?と聞くと、「だいじょうぶだよ。自分と昔からの知り合いだから安くやってくれるし、無理も聞いてくれるから」…というのです。

でも、金額がわからないと…と粘ると、後日、しぶしぶ、簡単な「見積書」が出てきましたが、それがかなりの金額で、この価格が、適切な価格かどうか判断できません。「他のコンサルからも見積をとらないと、この金額が妥当かどうかもわからないから、理事会としては、比較検討したい」…といったら、たいへん。「自分の言うことを信用できないのか」…とAさんは怒り出して、「そんなことを言うなら修繕委員長なんて降りる」…と捨て台詞を置いて帰ってしまったのです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 恫喝に裏工作。マンション大規模工事で賄賂受け取る老住民の正体
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け