東京-NYは本当に遠い?世界の長時間フライトTOP5を調べてみた

 

世界の航空路、飛行時間上位5位は?

旅行データ会社OAGによって計算された法定マイルで測定された飛行時間の長い上位5が以下です。

  • 1位 Singapore航空(ニューヨークーシンガポール)
    New York/Newark(EWR)発 Singapore(SIN)行き
    飛行時間:18時間30分
  • 2位 Qatar航空(ニュージーランドードーハ)
    Auckland,New Zealand(AKL)発 Doha,Qatar(DOH)行き
    飛行時間:18時間5分
  • 3位 Qantas航空(オーストラリアーロンドン)
    Perth,Australia(PER)発 London(LHR)行き
    飛行時間:17時間45分
  • 4位 Emirates航空(ニュージーランドードバイ)
    Auckland,New Zealand(AKL)発 Dubai,United Arab Emirates(DXB)行き
    飛行時間:17時間10分
  • 5位 Singapore航空(ロサンゼルスーシンガポール)
    Los Angeles(LAX)発 Singapore(SIN)行き
    飛行時間:17時間50分

ニューヨーク発日本行き便の14時間はトップ20にも入っていませんでした。くどいようですが、世界は広い。母国に帰るのに、14時間はぜんぜん、遠くないみたいです。東京-ソウルは3時間弱?東京-ハワイは7時間?アメリカ人にとっちゃ、国内旅行だよ。

image by: shutterstock

高橋克明この著者の記事一覧

全米発刊邦字紙「NEWYORK BIZ」CEO 兼発行人。同時にプロインタビュアーとしてハリウッドスターをはじめ1000人のインタビュー記事を世に出す。メルマガでは毎週エキサイティングなNY生活やインタビューのウラ話などほかでは記事にできないイシューを届けてくれる。初の著書『武器は走りながら拾え!』が2019年11月11日に発売。

有料メルマガ好評配信中

    

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明 』

【著者】 高橋克明 【月額】 初月無料!月額586円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日

print
いま読まれてます

  • 東京-NYは本当に遠い?世界の長時間フライトTOP5を調べてみた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け