厚労副大臣クルーズ船「不潔ルート」投稿で炎上、自ら掘った墓穴

2020.02.20
1451
by MAG2NEWS編集部 NK
____________________________2020-02-20_13.22.11_アイキャッチ
 

新型コロナウイルスの集団感染が確認されていた「ダイヤモンドプリンセス」の乗客で、感染が確認され、入院していた87歳の男性と84歳の女性日本人夫婦2人が20日死亡したとNHKなどが報じた。クルーズ船から死者が出るのは初めて。

国内感染での死者3人

クルーズ船では19日時点で、乗員・乗客のうち621人の感染が確認されている。死亡した2人は、基礎疾患がありウイルスへの感染が確認されたことから、今月11日と12日に医療機関に入院し、治療を受けていた。クルーズ船から死者が出るのは初めてで、国内感染者が死亡したのは3人となった。

厚労省副大臣が自ら「墓穴」掘る

今回のクルーズ船問題を担当する厚生労働省副大臣・橋本岳氏は20日11時27分、自身の公式ツイッターでクルーズ船内の様子を画像で公開。「ちなみに、現地はこんな感じ。画像では字が読みにくいですが、左手が清潔ルート、右側が不潔ルートです」と更新した。

____________________________2020-02-20_13.22.11

現在は消された橋本氏のツイート

写真には「清潔ルート」とよばれている感染していない人が通るであろうドアと、「不潔ルート」とよばれている感染者が通るであろうドアが写っている。19日にクルーズ船内の様子を「悶絶するくらい恐ろしい」と述べた動画をYouTubeにアップしていた感染症のスペシャリスト・神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎氏によると「この手前(写真撮ってるとこ)が清潔不潔が完全にクロスするゾーンになる」として、ゾーン分けがまったくできていないことを指摘。岩田教授が懸念していた「ゾーニングの不十分さ」がひと目でわかる画像だ。こうした甘すぎる対策はもちろん、「清潔」「不潔」と記載されている点にも配慮不足を感じる。

橋本氏のツイートには「正しく対策できていない」と批判の声が殺到し、13時38分時点には投稿自体が削除された。橋本氏は、厚生労働省の公式見解のPDFをテキストでツイートしていたが、その中に先ほどの写真を含む投稿を挟んでいたようだ。

____________________________2020-02-20_13.54.29

また、岩田教授は、感染リスクが非常に高いことから「レッドゾーンに携帯を持って入らないことは基本」とツイート。橋本氏が携帯で写真を撮っていたことについて指摘した。

橋本氏は、感染管理が正しく実施されていると主張するために写真をツイートしたようだが、かえって国民の信用を失う形となってしまった。クルーズ船から感染者が続出していることを受け、海外メディアからは対応を疑問視する声もあがっていたが、それを裏付ける形となってしまったようだ。

ネットでは「新手の内部告発では?」「ひと目でわかる画像ありがとうございます」など、橋本氏の「不潔ルート」画像を皮肉るツイートが多数投稿されている。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 厚労副大臣クルーズ船「不潔ルート」投稿で炎上、自ら掘った墓穴
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け