完全孤立の韓国。新型肺炎騒動で習近平を激怒させた文在寅の誤算

 

ではどうすればいいのでしょうか。

まずは、各国が一丸となって、国境の壁を超えたcontainment(封じ込め)を徹底することでしょう。人権問題や諸々の権利が絡む難しい問題になりますが、まずは感染の広がりを抑え込むことが大切です。すでに申し上げたように、COVID-19への感染が同じ人で複数回に及ぶケースが出てきており、症状の重症化が顕著にみられるとの情報が出てきています。

とにかく感染しないこと、したら絶対にうつさないように隔離を行うことなど、封じ込めのための処置を徹底しないといけません。

いろいろと反発は生むでしょうが、覚悟に基づいた断固とした対応は、実際に封じ込めにつながるでしょうし、何よりも人に【安心】を与える策だと考えます。

今、恐怖心と見えない不安が、人々の消費を控えさせ、移動を控えさせ、どんどん経済活動を冷やしていく中、【世界中の人々に対して安心をいかにして保証できるか】が今回のようなケースに立ち向かうにあたっての究極目標になるのだと考えます。

米中がいがみ合い、欧州の状況も中東の情勢も不安定で、相互不信が進む中、この人類への危機に際し、今こそ世界的な政治的リーダーシップとパートナーシップが必須であると強く考えます。

かなり激しい内容になってしまいましたが、希望を込めて、今週号を終えたいと思います。

皆さんもどうぞお気をつけて。

国際情勢の裏側、即使えるプロの交渉術、Q&Aなど記事で紹介した以外の内容もたっぷりの島田久仁彦さんメルマガの無料お試し読みはコチラ

image by:  대한민국 청와대- Home | Facebook

島田久仁彦(国際交渉人)この著者の記事一覧

世界各地の紛争地で調停官として数々の紛争を収め、いつしか「最後の調停官」と呼ばれるようになった島田久仁彦が、相手の心をつかみ、納得へと導く交渉・コミュニケーション術を伝授。今日からすぐに使える技の解説をはじめ、現在起こっている国際情勢・時事問題の”本当の話”(裏側)についても、ぎりぎりのところまで語ります。もちろん、読者の方々が抱くコミュニケーション上の悩みや問題などについてのご質問にもお答えします。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』 』

【著者】 島田久仁彦(国際交渉人) 【月額】 ¥880/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日(年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 完全孤立の韓国。新型肺炎騒動で習近平を激怒させた文在寅の誤算
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け