日本政府、韓国・イラン・中国全域を入国拒否の対象にする方針

2020.03.05
357
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1653983308
 

日本政府は5日、肺炎を引き起こす新型コロナウイルスの感染を防ぐ水際対策として、入国を拒否する対象を韓国とイラン全域に滞在歴のある外国人に拡大する方針を固めたと、産経新聞がスクープで報じた。また、読売新聞もスクープとして同日、中国と韓国からの入国者全員について、検疫法に基づき、医療施設などで停留するか、政府指定の施設で2週間隔離したうえで入国許可を出す方向で調整に入ったと報じている。中国と韓国に発行済みの査証(ビザ)は効力を停止し、観光客の来日自粛を要請するという。

読売新聞によると、中国と韓国からの航空便は到着空港を成田空港と関西国際空港に限定。さらに船舶は旅客運送を停止するように要請するとした。安倍首相は5日夕にも、新型コロナウイルス感染症の対策本部を首相官邸で開き、これらの中国、韓国に対する入国制限措置を表明する見通しだという。

Twitterの反応






※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 産経新聞読売新聞

image by: Shutterstock.com

print
いま読まれてます

  • 日本政府、韓国・イラン・中国全域を入国拒否の対象にする方針
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け