「コロナばらまいてやる」愛知・蒲郡市の50代男性が死亡と判明

2020.03.18
1074
by gyouza(まぐまぐ編集部)
1280px-Gamagori_City_Hall_(2018-06-03)_08
 

新型コロナウイルスに感染していると知りながら複数の飲食店を利用していた愛知県蒲郡市の男性(57)が、18日午後1時ごろ、県内の入院先の病院で死亡したと、中日新聞産経新聞などが報じた。男性は新型コロナウイルス感染前から重い持病があったという。

男性は4日、新型コロナウイルスの陽性が判明した後、愛知県蒲郡市内の居酒屋とパブの2店に立ち寄り、その際にパブ店主が知人から「男性がパチンコ店や飲食店で菌をばらまいてやるといっている」と連絡を受けたため、男性に事実を確認。男性が陽性を認めたことから30分程度で退店させたが、その際に店内に居合わせていた従業員が8日から発熱や喉の痛みを訴え、12日に感染が確認されていた。

蒲郡市の鈴木寿明市長は記者会見で「自宅待機の指導がありながら、市民に感染の危険が及んだことは大変遺憾」と述べていた。

パブ経営者の男性は13日、営業を妨害されたとして県警蒲郡署に被害届を提出、県警は業務妨害の疑いがあるとみて捜査する方針を発表していたばかり。

社会問題として連日ワイドショーなどに取り上げられていた感染者の男性が、入院先の病院で死亡したというニュースを受けて、ネットでは驚きの声が多数挙がっている。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 中日新聞産経新聞時事通信

image by: 蒲郡市役所 Lombroso / CC BY-SA

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 「コロナばらまいてやる」愛知・蒲郡市の50代男性が死亡と判明
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け