コロナ抗体検査、東京で0.6%が「陽性」の衝撃。ネット驚きの声

2020.05.15
781
by 編集部サトシュウ
加藤厚生労働大臣
 

日本経済新聞によると、加藤厚生労働大臣は15日に行われた記者会見の中で、国の研究班が4月に行った新型コロナウイルスの抗体検査で、東京都で0.6%、東北6県で0.4%が陽性と判定されたことを明らかにした。また、早ければ6月から1万人規模の抗体検査を実施することも発表した。

東京都0.6%、東北0.4%が陽性反応

4月に先行して実施された抗体検査は、日本赤十字社協力のもと、献血にやって来た1000人を対象に東京都と東北6県で行われた。

その結果、東京都で献血した500人のうち3人(0.6%)、東北6県で献血した500人のうち2人(0.4%)が陽性だったという。また、保有していた昨年1~3月の血液で検査したところ、こちらも2人(0.4%)が陽性だった。

ただ、検査キットの性能に問題がある可能性もあり、サンプル人数が少なく、結果にばらつきもあるとして、より大きな規模で行う検査が必要だと判断した。

NHKによると、加藤厚生労働大臣は「抗体の保有状況を正確に把握するには、多くの被験者を対象にして、抗体の量をはかる検査が必要だ。早ければ来月から一般住民を対象に、トータルで1万規模程度の大規模な検査を開始したい」と述べ、東京と大阪、そして宮城で行うことを明らかにした。

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • コロナ抗体検査、東京で0.6%が「陽性」の衝撃。ネット驚きの声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け