三菱UFJ銀行、店舗数を4割削減へ。ネット「もう銀行いらない」

2020.05.20
197
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1381577558
 

三菱UFJフィナンシャル・グループは20日、三菱UFJ銀行の店舗数を2023年度末に300程度にする計画を明らかにした。2017年度末と比べて40%減となる。スマートフォンアプリの機能を充実させてインターネットバンキングの利用者を増やし、運営経費のかかる店舗を段階的に減らすと共同通信時事通信が伝えている。

三菱UFJ銀行、200以上の店舗数を削減

三菱UFJ銀行によると、銀行サービスのデジタル化が進んだことから、店舗への来店者数が減少することを踏まえ、業務の効率化を推進。また、低金利の長期化による国内業務の収益力低下も背景のひとつとみられる。

当初の計画では20%減としていたが、1年前には35%減に修正。削減幅をさらに拡大することで経費削減を徹底するとしている。また、フルバンクと呼ばれる、窓口で様々な取引を扱う従来型の店舗は、3分の1の約170にするという。

この報道を受け、ネット上では減少させる数の多さに驚きつつ、「無駄な店舗は不要」「リストラは大丈夫? 」など様々な声が聞こえてくる。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 共同通信

image by: shutterstock

print

  • 三菱UFJ銀行、店舗数を4割削減へ。ネット「もう銀行いらない」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け