専門家も掴めない北朝鮮の感染状況と脱北者が語る悲惨な医療実態

shutterstock_13854977391
 

肥料工場の現地指導に姿を現し、金正恩氏の隠遁騒動については決着を見ましたが、新型コロナウイルスの感染拡大以来、北朝鮮国内の情報を収集するのは専門家でも困難になっているようです。メルマガ『宮塚利雄の朝鮮半島ゼミ「中朝国境から朝鮮半島を管見する!」』の著者で、北朝鮮研究の第一人者の宮塚利雄さんは、自身の情報源である人物も新型コロナに関しては「口が重い」と明かします。そんななか、『統一日報』に掲載された脱北者の手記から、北朝鮮で感染症が発生した場合の悲惨極まりない実態を紹介しています。

今年は田植え戦闘ではなく金正恩隠遁と新型コロナ

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が「雲隠れ」して20日ぶりに姿を現した。毎年この時期の北朝鮮情報と言えば「モネギチョントゥ(田植え戦闘)」の話題なのだが、今や北朝鮮情報の関心事と言えば、「金正恩の隠遁(避難・雲隠れと重体・死亡説)と「コロナ感染者を巡る話題」である。

金正恩が満を持して出現した順川燐酸肥料工場の現地指導の映像で、前者の騒動はけりがついたが、後追いじゃんけんスタイルで申し訳ないが、実に幼稚で下らない情報かく乱であった。

もっともいまだに「金正恩死亡説」を唱えている評論家が日本にいると知人が教えてくれたが、私はこの同業他者(?)なる人物のことは寡聞にして知らないので、聞き流したが、「三国志」に登場する「死せる孔明、生ける仲達を走らす」とか「武田信玄の影武者」ではあるまいが、「白豚」と揶揄されている金正恩の動静は西側の情報筋や、何よりも平壌に大使館を置いている中国側の情報をキャッチすれば分かることである。

武漢発新型コロナの感染状況についても、北朝鮮では感染者ゼロとの報道がなされているが、北朝鮮はただWHOに「我が国は感染者ゼロです」と報告しただけで、誰もこのことは信じないのは周知の事実だ。

北朝鮮でコロナウイルス感染者がゼロであるはずがないなかで、「北、コロナ死者267人 実態隠蔽 すべて『疑い例』処理」という記事が新聞に載っていたが、この情報は、北朝鮮の軍出身者らで作る韓国の脱北者組織「北朝鮮人民解放戦線」がまとめた幹部用の報告書から引用しているが、実際のところはどうなのか。この報告書では中国に近い地域での感染が目立つと、地域ごとの「隔離者数」、「死者」を公表しているが、どこまで信用していいものかという疑問もある。

私が頼りとしている中朝国境に住む朝鮮族の情報提供者から何か生の情報でも入手できればと試みているが、事この件に関しては口が重い。中朝国境踏査のときに何度か行った朝鮮族の食堂のおやじさんが言っていた「向こう側(北朝鮮)との密輸は両国関係がどうであろうと関係ない。どんな状況のもとでも密輸は続けるよ」と言っていたことを思い出した。北朝鮮側からどのような物の要望があるのか、その品目を知れば北朝鮮内におけるコロナ感染状況の一端を知ることができるのだが、残念ながら「生の情報」は収集できない。

print

  • 専門家も掴めない北朝鮮の感染状況と脱北者が語る悲惨な医療実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け