ボルトン氏のトランプ暴露本でバレた安倍首相の「体たらく外交」

shutterstock_1500885437
 

アメリカの前大統領補佐官ボルトン氏によるトランプ大統領の「暴露本」が23日に発売され、早くも話題となっています。前回、「崖っぷちトランプ。前大統領補佐官『暴露本』で早くも株価に影響」の中で、発売前にもかかわらず株価が左右されるなど、大きな影響が出たと指摘したコンサルタントの今市太郎さん。今回のメルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』では、ボルトン氏の本がトランプ大統領の暴露本であると同時に、なぜか安倍首相の「体たらく外交」の暴露本でもあるという見方を解説しています。

ボルトン氏の暴露本でわかる、安倍首相の驚くべき低レベル外交の真実

このメルマガでも事前にご紹介しましたとおり、ボルトン前大統領補佐官の暴露本がとうとう予定通りに発売となりました。事前のトランプ政権の差し止め請求からどんなに凄い内容なのかと思って、さっそくアマゾンで購入して電子書籍で読み始めているのですが、内容はたしかにトランプがいかに大統領の器から程遠い存在で、倫理観などみじんも持ち合わせていないということを延々とボルトンの視点で、事実ベースでありながらもボルトン流のきつい味付けで書かれたものであるということなのでしょう。

ボルトン氏はイエール大学法学部の首席卒業で、スフィンクスのある国の大学を首席卒業したとかいう真偽不明のどこかの都市の都知事とはくらべものにならないぐらい頭脳明晰であり、しかも異常なメモ魔でも知られていますから、まったくもって捏造された内容であると考えるのはかなり無理がありそうです。

しかしこの本、我々日本人が読み進めていきますと、異常とも思えるほど安倍晋三首相に関する記述が多いことに改めて驚かされます。完全に勘定したわけではありませんが、正の字をつけて読み進めていくと簡単に100件以上安倍総理のことが記されており、たった1年半程度のボルトンの在任期間から考えれば、驚くほとトランプ・安倍の接点が多かったことに驚かされます。

ただその内容の多くは決して安倍首相の卓越した外交能力を示したものではなく、あえて誤解を恐れずに言えば、太鼓持ちのような体たらくなものが一貫していることに気づかされます。見方によってはこの本はトランプよりも、むしろ安倍首相の体たらく外交の暴露本なのではないかとさえ思われるものがあるわけです。

どうして「外交の安倍」と言われるのか不思議なほどのレベルの低さ

この本に登場する安倍首相の行状をかたっぱしから逐語訳してご紹介することはさすがにできませんが、全部読み終えてはいないもののざっと目を通しますと、外交の安倍などと言われた愁傷の外交実態が詳らかになっており、ボルトンも安倍氏がトランプともっとも個人的な関係を築いていると一応の評価はしているものの、トランプ~安倍の決して対等なものではなく、ほぼ太鼓持ちのような発言でトランプのご機嫌を損じないように最大限の配慮をしてきたことがよくわかります。

とにかく反論や口答えされるのが大嫌いなトランプのことですから、あらかじめなんでも差し出し一切口答えしない安倍首相の存在がお気に入りなのは間違いないようですが、それはこの本を読む限りまったく対等なレベルではなく、あたかも属国の朝貢外交を露わにしてしまっています。

print

  • ボルトン氏のトランプ暴露本でバレた安倍首相の「体たらく外交」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け