Zoomに“上座”機能追加でネット動揺。老害化に対抗する本物のマナーとは?

2020.09.04
1013
by 編集部サトシュウ
 

少しの気遣いであなたの評価もアップ

続いてはマナー。

重要なのはカメラの確度。ノートパソコンの場合、どうしても下からのアングルになってしまう。それだと目線が下がり、二重あごになってしまうので、利美ママはノートパソコンを台の上に乗せることを推奨している。

そして、目線にも気を付けたい。オンラインだとパソコンの画面ばかり見てしまうが、特に自分が話す時はカメラを見るようにしたい。そうすることで、説得力が生まれ、自分の発言が相手に伝わりやすくなるのだ。

他にも、丁寧に話す、明るい表情を心掛けるなどは当然だが、加えて意識したいのが“間の取り方”。利美ママによると、3秒くらい間を取ると会話がスムーズに進むという。対面時のようにあまり間髪を入れずに話すことは避けた方が良さそうだ。

最後に画面から退出する際は、相手との関係性にもよるが、お辞儀をするように心がけよう。特に上司や取引先であればなおさら。いきなり画面から消えてしまうのは不快感を与えかねない。

こうして見ていくと、いくらオンラインだからとはいえ手を抜かず、対面と同じような感覚で相手と接するのが良さそうだ。明日から実践すれば、上司からの評価も上がるかもしれない。

print
いま読まれてます

  • Zoomに“上座”機能追加でネット動揺。老害化に対抗する本物のマナーとは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け