伊丹市役所に不自然な申請書?「ここは日本じゃないのか」炎上の理由は

2020.10.12
144
by 編集部サトシュウ
伊丹市役所
 

兵庫県伊丹市役所の「申請書」の記入例がおかしいとネットで物議を醸している。申請書の書式は、東京だろうが大阪だろうが大きな違いはないはず。一体なぜ“炎上”してしまったのだろうか?

申請書サンプルで“炎上”? 兵庫県伊丹市

当該場所となっているのは、兵庫県伊丹市の北部にある北支所(きららホール)という市の分所。こちらに置いてある「住民票の写し等交付申請書」の名前例が、『伊 丹憲(イ・タンヒョン)』となっていて、一般的な日本人の名前に見えないのはおかしいというのだ。

有村架純さんや田中将大さんの出身地としても知られる伊丹市は兵庫県南東部に位置し、大阪のベッドタウンとして発展してきた場所。人口は約19万人で、県内には比較的多くの韓国籍や朝鮮籍の方たちも暮らしている。申請書のサンプルの名前表記がこのようになったのはそれを考慮してのことだろうが、日本人向けの説明としては確かに分かりづらい。

伊丹市に住む人たちは少しモヤモヤしていた気分を抱いていたようで、この表記にした意図がわからないという声が上がったようだ。

なお、今回騒動になった写真は数年前に撮影されたもののようで、現在は『伊 丹憲(イ・タンヒョン)』という表記から、『伊丹 太郎』というごく普通のものに変わっているという。

Twitterの反応



image by : Skylark665 / CC BY-SA 3.0

print
いま読まれてます

  • 伊丹市役所に不自然な申請書?「ここは日本じゃないのか」炎上の理由は
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け