渡部建が復帰へ?不倫の償いで福祉資格の取得表明も「あざとい」の声

2020.10.14
11
by tututu
shutterstock_1114639970
 

複数女性との不倫報道で活動を自粛した、お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(48)が福祉関係の資格取得を目指していることがわかった。今も自宅で謹慎を続けている渡部が次の目標へ向け動き出したようだ。

不倫騒動の渡部建が福祉系の資格取得へ

騒動発覚後、家事や育児に努めていた渡部が、資格取得のため猛勉強を始めた。渡部の現在の様子を報じたのは『女性自身』。記事によると、自らの不倫騒動で多くの人たちに迷惑を掛けたことから、社会貢献できる道を模索していたといい、介護福祉士やケアマネジャーといった資格取得を目指している。

【関連】謝罪のプロが分析。アンジャッシュ渡部イケメン&美人妻のリスク

実は渡部は芸能界でも指折りの資格コレクター。これまでにも「夜景鑑定士」「高校野球検定」「日本さかな検定」「ダイエット検定」など、数多くの資格を取得。また、恋愛心理学にも精通し、その全てを自身の仕事にいかしてきた。

今回目指しているのは福祉系の資格だが、本当に介護福祉士やケアマネジャーになるかどうかは定かではない。この資格を取得することで、芸能界への復帰に向けた道を模索していくとみられる。

何かしらの問題を起こした芸能人が、謹慎期間中などに福祉にまつわることを行う例はこれまでにも多くある。闇営業問題で謹慎していたロンドンブーツ1号2号の田村(48)は、介護の勉強をはじめ、老人ホームでボランティアをしていた。

また、同様に闇営業問題で謹慎処分となったザブングルの松尾陽介さん(43)と加藤歩さん(45)も介護施設でボランティア活動に従事していたことを明らかにしている。

【関連】嵐・相葉も有吉もマツコも“渡部ロス”に病む芸能界。多目的トイレからの復活は近い?

迷惑をかけた人たちへの謝罪のためという、渡部建の資格取得。しかし、ネットでは「あざとい」「芸能界に復帰したいのがみえみえ」など、反応はイマイチのようだ。

渡部は芸能界でも屈指の策士なけに、これからどのような行動を起こしていくのか注目される。

image by : shutterstock

print
いま読まれてます

  • 渡部建が復帰へ?不倫の償いで福祉資格の取得表明も「あざとい」の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け