香港「民主の女神」周庭さんが怒りの電撃結婚?! 日本のメロンパンに苦言

2020.10.22
53
by gyouza(まぐまぐ編集部)
ER3HVM5UUAAS0Wc
 

香港デモ活動の中心的人物で「民主の女神」と言われた周庭(アグネス・チョウ)さん(23)が20日、自身のツイッターを更新し、大阪・心斎橋の高級食パン専門店「非常識」で限定発売されている「台湾メロンパン」について、「明らかに香港のパイナップルパンなのに」と、クッキー地の載ったパンに厚切りバターを挟んだパンの名称について苦言を呈した。周さんは「香港人として悲しい…」とつぶやき、ツイッター上で「いいね」が1万以上もつくなど話題となっている。

周さんの言う「パイナップルパン」とは、香港の名物である「菠蘿包(ボーローバウ)」のこと。パンの上にクッキー生地を載せて焼くという手法で作られたパンだが、横に切れ目を入れて厚切りバターを挟んでいるところが特徴的だ。生地にパイナップルは使用されていないが、クッキー地の割れた様子がパイナップルに似ていることから名付けられたという。

image by: Flickr

image by: Dennis Wong, Flickr(CC BY-SA 2.0)

この香港発祥のパンに「台湾メロンパン」という名前を付けられてしまったことで、大の日本通で日本好きで知られる周さんは、とてもガッカリしたに違いない。

しかし同時に、日本人へ向けて香港名物のパイナップルパンの存在を知ってもらいたいという思いから、同ツイートには「これからは「香港のパン」として紹介されればいいなと思います」とポジティブな言葉も。

そして、「日本の皆さんも、香港に来る時、ぜひ食べてみてください❤️」と、しっかり香港のPRも忘れていなかった。

まさかの“結婚”発表?! YouTube投稿動画が物議

周さんは同ツイートを投稿する前日の20日、自身のYouTube「周庭チャンネル」で「彼と…結婚します」というタイトルの動画を配信。

ネット上のファンからは「あのチー牛(黄之鋒氏のこと)と結婚するの?」「ショック!」などといった声が多数あがり騒然となった。本当に結婚したわけではないようで、真相は下記の動画を参照していただくとして、香港民主化運動が中国や香港政府によって封じられる中、香港をはじめ日本や台湾での「アグネス人気」はまだまだ健在のようだ。

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

【関連】中国に屈せぬ周庭と黎智英は共産党に殺されるのか?日本よ香港の勇者を守れ
【関連】中国で収監なら拷問も?香港デモ「民主の女神」周庭さんが日本人に伝えたこと

image by: 周庭さんTwitter

print
いま読まれてます

  • 香港「民主の女神」周庭さんが怒りの電撃結婚?! 日本のメロンパンに苦言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け