中国に屈せぬ周庭と黎智英は共産党に殺されるのか?日本よ香港の勇者を守れ

2020.08.11
116
by gyouza(まぐまぐ編集部)
jimy&chow02
 

10日、香港で起きた一連のデモ活動の中心的人物で「民主の女神」と言われた周庭(アグネス・チョウ)さん(23)や、中国に批判的な論調の新聞・雑誌を発行する香港メディア『壱伝媒(ネクスト・デジタル)』の創業者・黎智英(ジミー・ライ)氏(71)らが、香港国家安全維持法に違反したとして相次いで逮捕された。NHKニュースなどが報じた。ネット上では、周庭さんを応援する多くの日本人から、香港および中国当局への怒りと、周さんへの応援メッセージが投稿されている。

DjLEFX8UwAA41IT

image by: 周庭さんTwitter

Twitterには10日夜から11日朝にかけて、「#FreeAgnes」や「#周庭氏の逮捕に抗議する」など、周さんの逮捕に抗議するハッシュタグが登場し、トレンド入り。現在も、多くの応援コメントがハッシュタグと共に投稿されている。

EK2QHIfX0AATUIY

image by: 周庭さんTwitter

香港当局は10日、23歳から72歳までの男女10人を香港国家安全維持法に違反した疑いなどで逮捕し、その中の一人に周庭さんがいたことが判明している。香港の地元メディアの報道によると、逮捕時の周さんは手を後ろに回された状態で連行されたという。

【関連記事】中国で収監なら拷問も?香港デモ「民主の女神」周庭さんが日本人に伝えたこと

print
いま読まれてます

  • 中国に屈せぬ周庭と黎智英は共産党に殺されるのか?日本よ香港の勇者を守れ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け