中国に屈せぬ周庭と黎智英は共産党に殺されるのか?日本よ香港の勇者を守れ

2020.08.11
117
by gyouza(まぐまぐ編集部)
 

香港の反中メディア王も逮捕

10日に逮捕された10人には、反中国的な論調のタブロイド紙『アップルデイリー(蘋果日報)』を発行するメディア企業『壱伝媒(ネクスト・デジタル)』の創業者であるジミー・ライ氏も含まれていた。ライ氏は自宅で逮捕されたが、香港当局は本人を連行して同本社内を200人体勢で捜索したという。その捜索の様子はアップルデイリー紙の公式Facebookで生中継され、世界中の人々を震撼させた。

「ライ氏を応援して」株価、一時344%急騰。たった2日間で1000%に

今回のジミー・ライ氏の逮捕を受け、香港の民主派活動家らが投資家に対して、SNS上で壱伝媒を支援するよう呼び掛けたため、10日には一時株価が344%まで急騰したという。同社の株価は、最終的に183%高で取引を終了している。フランスのAFP通信などが報じた。

また、11日にも同様の働きかけが行われたため、たった2日間で同社の株価は1000%も値上がりし、2014年以来6年ぶりの高値となっている。

print
いま読まれてます

  • 中国に屈せぬ周庭と黎智英は共産党に殺されるのか?日本よ香港の勇者を守れ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け