「AI婚活」で独身中年の増加に歯止め?政府が結婚マッチング支援を決定

2020.12.07
47
by tututu
shutterstock_1178942212
 

少子化対策の一環として、AI(人工知能)を活用した自治体の婚活支援事業を政府が来年から後押しすると読売新聞が報じている。システムの導入や運用に助成金を出して推し進めることで、減少傾向が続いている婚姻数を増やし、少子化を食い止める狙いがある。

今や結婚相手も「AI」に決めてもらう時代に

婚活にAIを活用するとはどういうことなのか?

通常のマッチングサービスでは、事前に登録した年齢や学歴、年収など、希望条件に当てはまる相手を紹介する方式が一般的だ。

しかし、機械的にふるいをかけるそのようなやり方では、出会いのきっかけを減らしてしまうことになり、マッチングする可能性は低くなってしまう。

そこでAIの力が発揮される。

記事によると、「趣味や価値観などの質問への回答やシステム内の検索傾向などを基に、希望条件と合致していなくても、自分に好意を抱く可能性のある人を割り出し、提案することが可能」だという。

AIの効果は結果としてすでに出ていて、埼玉県では2019年度に成婚した38組のうち、過半数の21組がAIが提案したカップルだった。

【関連】「小室圭問題」よりも遥かに深刻。いま皇室制度が抱える真の危機

実は婚活をサポートしている自治体は多い。少子化への流れを変えるべく様々な婚活支援事業が行われているのだ。しかし、なかなか思ったような成果を上げられている自治体は少ない。

そこで、政府がAIを活用した婚活支援を後押ししようというのが今回の試み。内閣府は来年度予算の概算要求に20億円を計上。AIが少子化問題解決のカギとなるのか。今後の取り組みに注目が集まっている。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : shutterstock

print
いま読まれてます

  • 「AI婚活」で独身中年の増加に歯止め?政府が結婚マッチング支援を決定
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け