【裏ワザ心理術】謝罪の前には息を止める?相手の怒りを1分でおさめる方法とは?

© Tom Wang - Fotolia.com© Tom Wang - Fotolia.com
 

相手の怒りを鎮めるには、1分間息を止めてから謝ろう


国際インテリジェンス機密ファイル(2015/01/21号より)

◆内藤誼人『最初の1分で先手を打つ無敵の心理術』を読み解く

※要旨

・相撲では、最初の立ち合いが勝敗を決めるという。まさに同じことがビジネスでも当てはまる。

最初の60秒で、ほとんどの商談、販売、交渉、プレゼン、営業、打ち合わせの成否、が決まってしまうと私が断言できる。

・ビジネスでは「約束の時間、とりわけ初対面の相手との約束の時間には、絶対に遅れるな」と言われる。

なぜかというと、最初に遅刻したりすると、「こいつは、どうも信用ならん」というレッテルを貼られ、困ったことに、そういうレッテルはなかなか取り外してもらえないからだ。

・その他大勢から頭一つ抜け出す「捨てる技術」。

ビジネスにおいて、ほかの人がすでに英語が話せるのだから、自分のアピールリストから、「英語」という項目は、潔く削除したいところだ。

そのためには、周りの人が何をアピールしているのかを観察して、みんながやっていることは、バッサ、バッサと捨てていきたい。この「捨ての技術」が、魅力的なビジネスマンには必須なのである。

・「アフリカのある部族語を800語話せます」とアピールすれば、「英単語を10万語知っています」ということより、はるかに目立つ。

・医者として目立ちたいなら、外科ではなく、肛門科の先生を目指したほうがいい。志望者が少ないので、それだけで苛烈な競争に巻き込まれない。

・人間は、目にする回数が多い見慣れた相手ほど、好感を抱く。好かれるかどうかは、最初の1分が重要ではあるが、その後に何度も顔を見せるようにすれば、それなりに魅力は高まっていくのである。

・内面より外面を重視せよ。

1分間で相手の怒りを静める謝罪テク。それは、顔を真っ赤にして、うつむいていること。それだけでOKだ。

顔を真っ赤にしていれば、あなたがドジを踏んだことを十分に反省していることが、相手に視覚情報として伝わる。顔を赤くするのは簡単で、1分間くらい息を止めているだけでいいのだ。

アゴを20度上げると、説得力はアップする。アメリカの議員は、スピーチの際、「原稿を読むな」と教育を受けるそうだ。なぜなら、きちんと正面を見据えて話したほうが、堂々として見えるからだ。まあ、実際に原稿を読むアメリカ議員もいる。しかしやはり、原稿を見ないより、前を向いて、カメラ目線で語りかけたほうが、見る者を説き伏せるパワーを感じる。

・実のところ、私は、打ち合わせにしろ、プレゼンにしろ、会議にしろ、「資料は一切不要」なのではないか、とさえ思っている。口頭での説明が、一番いい。口頭で説明しようとすれば、どうしても顔は正面の相手に見据えることになるからである。

・「同じ話題は飽きられる」のウソ。

話題が豊富というのは、話せるネタがいくつもあるということではない。ネタが1つだろうが、それをおもしろく膨らませて話せるのが、話題が豊富ということなのだ。

デートのスケジューリングにも、同じことが言えそうだ。たとえば1日中、水族館で、ひたすら魚の顔を見て癒されるほうが、かえって思い出に残るデートになるだろう。会話も、自信のある話題を1個持っていれば、それで十分なのだ。

実力のある落語家は、同じネタを何度披露しても、毎回お客を笑わせえることができる。それは、日々同じネタを、何百回何千回と練習している賜物なのだ。

・最初の1分で、相手が3回も笑ってくれるなら、その人はあなたに気を許してくれたということだ。ユーモアのある人の話は、わかりやすくて、面白いのだ。

・大金を出しても買えない「信用」を瞬時に得る方法。

不祥事が発覚したときの最良の対応は、「今回の責任のすべては、私にあります」と、謝罪してしまうことだ。

潔く責任を一手に引き受ければ、他人からの評価は確実に上がる。

・売れる営業マンになるには、早口で話す技術を身につけなければならない。

速いテンポで入ってきた情報のほうが、人間の記憶には残りやすい。早口で話したほうが、相手を説得しやすい。

・レスポンスの仕方で信頼度はアップする。

とりわけ、お客から絶大な信頼を得る営業マンやビジネスマンは、総じて行動が早く、フットワークが軽いものである。

もちろん、メールの返信も、早いに越したことはない。行動も返答も返信も、何事もクイックレスポンス。この精神が大切だ。

・営業に行っても、値引きの話など一切せずに、「べつに、営業に来たんじゃないよ」という顔をするのが、お客と仲良くなる秘訣だ。

顧客が多い営業マンは、マメに会いに来るわりに、帰るのが早いのが特徴だ。

・手ごわい相手も、まず断れなくさせる心理戦略。

推薦状や紹介状といった類いの文書は、相手の信頼を得るための伝家の宝刀だ。紹介状は、1通よりも、2通持って行ったほうが効果的だ。

※コメント
時間がだんだんと短縮される世の中で、いかに会ってすぐに仲良くなれるかが大事になる。そのためには、最初の数分をいかに使うかにかかってくる。これは、相手の大事な時間を大事にすることに繋がる。相手の時間を大切にすることは、自分の時間を大切にすることだ。

書籍情報:
内藤誼人『最初の1分で先手を打つ無敵の心理術』

information:
国際インテリジェンス機密ファイル
≪最新記事を読む≫

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【裏ワザ心理術】謝罪の前には息を止める?相手の怒りを1分でおさめる方法とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい