辛坊治郎氏は今どのあたり?太平洋上から単独横断の「航海日誌」を公開

 

4月9日金曜日

午前9時出航予定を数日前に決め、前夜から船内に宿泊していた私の船のクルー3人と共に朝を迎えました。このクルーの皆さんは全員元々全くのヨット未経験者で、7年前にこの船を買った際にメルマガ上でのクルー募集に応じて下さった皆さんです。この中の1人、ジロウさんが簡易なバーベキューセットを持ってきてくれたので、前夜は船の横の桟橋で小さな焼き鳥パーティとなりました。暇人S氏は合法的な手作りビールを持参してくれました。この段階ではクルーの1人が来ていなかったので、パーティ参加者は総勢4人です。

この日の出航は直接問い合わせをしてくれた人以外には一切公表しませんでした。元々私が口にしていた出航の日取りは4月11日だったのですが、想定外に人が集まる可能性が高まり、ハーバーマスターの知人が花火を上げてくれるというような情報迄入ってきて、これだけ密が問題となる社会情勢の中、「これはマズイ」と思い始めていたことと、天候をみると4月11日より前の方がいいのが分かったのでこの日を出航を決めました。天気的にはもう1日2日早い方がよかったのですが、準備が間に合わなかったのです。この日の出航に際してはカミさんや子供たちの見送りも拒否しました。私としては、とにかく大袈裟にしたくなかったのです。

9時出航予定だったのですが、直前に問い合わせをいただいた雑誌「舵」、週刊新潮、スポーツ報知と、読売テレビの「ウエークアップ」からの取材を受けていたら、出航が9時15分になりました。

この日の大阪湾は晴天にもかかわらず風が強く、湾にはところどころ白波が立っていました。白波は風速5メートルを越えないと立ちませんので、この日の大阪湾の風速は毎秒5メートルから10メートルだったと思います。

メインセールのスポンサーを断念していた事もあって、強風下でメインセールを上げるリスクと時間のロスを考えて、ヨットハーバーが手配してくれた取材用の伴走船向けにジブセールだけを展開して、大阪湾の出口である友が島と和歌山の間の狭い海峡「加太瀬戸」に向かいました。この時間ちょうど「下げ潮」でジブセールだけで7ノットほどの速力で無事太平洋へと抜けることが出来ました。ここで取材陣を乗せた伴走船は淡輪港に戻り、ここから本格的な単独行がスタートしました。

太平洋に出ても串本に達するまでは巨大な紀伊半島に風と波が遮られるため、快適なクルージングを続けることが出来、最高のスタートとなりました。ところが日没後飛んでもないことが頻発し始めます。

4月10日土曜日

出航前夜、おそらく自分でも感じていなかった緊張と興奮からなかなか寝付けず、出航して最初の夜に爆睡してしまう恐怖から、4月9日の日没後、船を日本沿岸を通って関東に向かう通常のルートでなく、沖に指すことにしたのです。沿岸を走っているときに爆睡してしまうと、沿岸を航路とする大型船との衝突や座礁という最悪の結果を招くことも考えられ、そのリスクの少ない沖に船を出して寝ようと考えたのです。ところがこの日も興奮が続いていたようで、結局ほとんど寝られず早朝起きだすことになりました。

(この続きはご登録の上、お楽しみください)

辛坊治郎さんのメルマガご登録、詳細はコチラ

image by: 辛坊氏提供

辛坊治郎この著者の記事一覧

辛坊治郎流ジャーナリズムの基本、「FACT FACT FACT」をキーワードに、テレビや新聞では様々な事情によりお伝えしきれなかった「真実」を皆様にお伝えします。その「真実」を元に、辛坊治郎独自の切り口で様々な物の見方を提示していきたいと考えています。
太平洋横断中は衛星電話をつなぎ、航海日誌をお届けします。船上での出来事や現在地など、ここでしか読めない情報をお楽しみください。過去に出演した番組の話やプレゼント企画も行います。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料お試し登録はこちらから  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 辛坊治郎メールマガジン 』

【著者】 辛坊治郎 【月額】 ¥330/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 金曜日 発行予定

print
いま読まれてます

  • 辛坊治郎氏は今どのあたり?太平洋上から単独横断の「航海日誌」を公開
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け