広瀬すず、中川大志と“逆ギレ”電撃婚か。橋本環奈投入も『ネメシス』大爆死、低視聴率の責任負わされ女優生命の危機

2021.05.11
308
by tututu
 

ただの話題作りだった「橋本環奈との初共演」

期待値が高かったわりには数字が伸び悩み、苦戦が続いているドラマ『ネメシス』。広瀬すずと櫻井翔のダブル主演が話題となったが、広瀬と橋本環奈(22)の初共演にも注目が集まっていた。

1998年6月生まれの広瀬と1999年2月生まれの橋本は同学年。「同い年の美女がついに共演を果たす」ということで、ファンたちは騒然となった。

しかし、いざ放送がスタートしてみると橋本の登場シーンはごくわずか。視聴者からは不満の声が爆発している。

「放送前にあれだけ2人の初共演をあおっておきながら、実際には全然絡みがありません。広瀬さん演じる主人公の親友役という設定でありながら、橋本さんがまったく登場しない回もあります。『やっぱり話題作りのためだけか』と環奈ファンは激怒しているようです」(前出・芸能記者)

【関連】吉岡里帆、“華麗なる”生バストを披露。濃密ラブシーンの官能演技にファン歓喜、艶系に転身で脱“低視聴率”女優へ

特に視聴者を落胆させたのは2日放送の第4話。

広瀬が制服姿で女子校に潜入捜査する場面があり、今でもセーラー服が似合う橋本の登場に期待が高まった。しかし、橋本の制服姿お披露目はなく、冒頭のシーンで広瀬とチェスに興じただけ。環奈ファンの期待を大きく裏切ってしまった。

話題作りのために橋本を出演させるのはまったく問題ない。しかし、せっかくの共演を無駄に使っているだけで、有効利用できていないのが現状だ。

橋本環奈に期待していた視聴者も多いだけに不満は増幅。これも視聴離れを加速している要因だといえるだろう。

“櫻井神社”で広瀬すず&中川大志の結婚あるか

一方、もう一人の主演、嵐の櫻井翔は「演技が下手すぎる」「コントにみえる」など、俳優としての評判をすっかり落としてしまっている。

今のところこのドラマで損しかしていない櫻井だが、もしかしたらあることで話題を作ることができるかもしれない。

「実は櫻井さん、これまでに多くの共演者が結婚していることから、一部で縁結びの“櫻井神社”と呼ばれているんです。堀北真希、北川景子、蒼井優など櫻井さんと共演したことで女優さんが次々と結婚しました。まさか結婚しないだろうと思われていた、バラエティ番組で共演中の有吉弘行さんまでゴールイン。そのご利益が今注目されています」(前出・芸能記者)

広瀬は以前出演したトーク番組の中で、結婚願望は強いといい、25歳までには結婚をして子どもがたくさん欲しいと語っていた。

対して中川も子どもが大好きで、若いパパに憧れていると公言している。

【関連】北川景子にとって篠原涼子は“邪魔な存在”。杏や佐々木希の没落で空いた女王のイス、『リコカツ』不調も存在感アピール

このまま『ネメシス』の視聴率が下降線を辿れば、業界内での広瀬すずの評判は低くなり、女優として厳しくなってしまう。NHKの朝ドラをはじめ、数々の作品で主役を演じてきただけに、もう脇役に戻ることはありえないだろう。

そんな広瀬が『ネメシス』失敗の責任を押し付けられて逆ギレし、もしかしたら“櫻井神社”のご利益で中川大志との電撃婚もあるかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 広瀬すず、中川大志と“逆ギレ”電撃婚か。橋本環奈投入も『ネメシス』大爆死、低視聴率の責任負わされ女優生命の危機
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け