吉岡里帆、“華麗なる”生バストを披露。濃密ラブシーンの官能演技にファン歓喜、艶系に転身で脱“低視聴率”女優へ

2021.05.07
506
by tututu
吉岡里帆_5月③
 

吉岡里帆(28)が女優として大きな岐路に立とうとしている。現在、『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)と『華麗なる一族』(WOWOW)の2つのドラマに出演している吉岡、この中で正反対の役どころを演じており、ファンを驚かせる衝撃的なシーンにも体当たりで挑んでいる。

ドラマ『華麗なる一族』吉岡里帆のセクシーシーン

WOWOW開局30周年記念ドラマとして4月からスタートした『華麗なる一族』が話題となっている。

富と権力をめぐる人間の野望と愛憎を描いた山崎豊子の傑作小説をドラマ化した同作は、主演の中井貴一だけでなく、向井理、内田有紀、高嶋政伸、萬田久子など豪華キャストが勢ぞろい。迫力ある演技の応酬が見どころとなっている。

【関連】横浜流星が西野七瀬と“極秘同棲”か。ドラマ『着飾る恋』低迷も交際順調、におわせ発言連発でファン悲鳴

しかし、それ以上に視聴者を驚かせたのが、万俵銀平役の藤ヶ谷太輔(33)が吉岡里帆の衣服を剥ぎ取り、性行為に及ぼうとするシーンだ。

藤ヶ谷は吉岡をソファーに押し倒すと、抵抗する吉岡を無視して胸元のボタンを強引に外し、肌着をあらわにさせる。藤ヶ谷がそのまま吉岡のFカップバストに顔をうずめると、観念した吉岡は藤ヶ谷を受け入れ、セクシーな喘ぎ声を発していく。

吉岡がここまで濃密なラブシーンを演じたことはなく、ドラマを見た視聴者は騒然となったようだ。

体当たりの演技に称賛の声が寄せられる一方、「吉岡里帆の胸が攻められている」「相手役が羨ましい」「藤ヶ谷、公私混同してるだろ!」など、恨み節にも近い感想があがっていた。

【関連】広瀬すず、中川大志と“逆ギレ”電撃婚か。橋本環奈投入も『ネメシス』大爆死、低視聴率の責任負わされ女優生命の危機

視聴率が“爆死”状態のドラマ『レンアイ漫画家』

『華麗なる一族』で女優として新たな一面を見せた吉岡だが、その一方でヒロインを務めている『レンアイ漫画家』は壊滅的な視聴率となっている。

初回放送から視聴率は5%前後で推移。

これだけ低視聴率であれば打ち切られるのが普通だが、すでにクランクアップしてしまっているためそれもできない。

主演の鈴木亮平(37)演じる天才少女マンガ家・刈部清一郎から、マンガ「銀河天使」のために疑似恋愛のミッションを課せられ、丸の内OLやギャルなどさまざまなキャラクターに七変化する役どころの吉岡。

こちらは彼女の“あざとかわいい”部分を全面に押し出しているが、案の定男性からのウケは良いものの、女性たちからは総スカンされている。

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「放送前から『レンアイ漫画家』は数字的に振るわないことが予想されていましたが、ここまで低視聴率だとは思いませんでした。最近ヒロイン役から遠ざかっていた吉岡さんを持ってくるという、ある意味賭けでもありましたが、それが裏目に出てしまった形です」

【関連】紗栄子が17歳少年にわいせつ行為!? 未成年男児との「淫行疑惑」浮上、禁断のショタコン愛で魔性ぶり発揮か

吉岡里帆も28歳のアラサー女性。『レンアイ漫画家』で描かれているかわいさではなく、『華麗なる一族』で演じているセクシーな姿を視聴者は求めているようだ。

print
いま読まれてます

  • 吉岡里帆、“華麗なる”生バストを披露。濃密ラブシーンの官能演技にファン歓喜、艶系に転身で脱“低視聴率”女優へ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け