竹中平蔵、既得権益を批判するも「お前が言うな」の総ツッコミ。私利私欲まみれで暴利を貪る“偽善者”に国民激怒

2021.06.08
1532
by tututu
ウィキメディアコモンズ竹中平蔵_
 

竹中平蔵元総務相(現・パソナ会長)が4日、自身のYouTubeチャンネルに新しい動画をアップした。その中で竹中氏は既得権益の実態について語ったが、自分のことを“棚上げ”した呆れる主張に批判の声が殺到している。

竹中平蔵が既得権益者を両断するも「自分のことでしょ」

竹中氏が公開したのは、『竹中平蔵【クソデマ】既得権 擁護のマスゴミ!国民の敵「鉄の三角形」』と題された動画。視聴者から寄せられた「既得権益の実態を教えてください」という質問に竹中氏が答えた。

この中で竹中氏は「既得権益を持っている人たちと結びついている政治家(族議員)、その仲介をする役割として官僚がいる。この官僚と既得権益者団体と族議員、これの関係がいわゆる“鉄の三角形”」と既得権にまつわる構造を説明。

さらに、「それによって一部の人たち、既得権の人たちは利益を受けるけれども、国民は高いコストを払わされたりとかですね、自由に物を買えなかったりという不便に陥るということです」と語った。

【関連】JOC経理部長「自殺ではなく他殺」説のウソと本当。東京五輪の疑惑と虚構、真相は永遠の闇に?

しかし、ここから急に竹中氏の矛先はマスコミに向かい、「何でこの既得権益を持っている人たちを攻撃しないんですか?」と主張。「マスコミのバイアスが鉄の三角形を温存させている」と声高に訴えた。

この動画を見た視聴者からは批判が殺到。

コメント欄には「まさに“お前が言うな”ってやつですね」「既得権益を受益しているのはどなた?」「自分のことを話している」「どの面下げて既得権益の悪を説いているんだ」などの声があふれた。

竹中氏の動画を見て、多くの人が耳を疑ったことだろう。

小泉政権時代以降、安倍政権、そして菅政権とさまざまなシステムを作ってきたのは竹中氏であり、そこから既得権益の恩恵を受け取ってきたのは竹中氏自身だ。

7月に開幕が予定されている東京オリンピック・パラリンピックでも現在会長を務めるパソナを通して、竹中氏は多くの暴利を貪っているに違いない。

【関連】悪質な「ピンハネ男爵」竹中平蔵氏が五輪スタッフ派遣で儲かるカラクリ

マスコミを叩けば同調を得られるとでも思ったのだろうか。

一通り好きにしゃべったところで、最後に笑顔で「チャンネル登録と高評価を是非お願い致します」とした竹中氏。もはや開き直り、YouTubeで炎上商法しようとしているようにしか思えない。

関西の番組だから?竹中氏が暴言を連発

竹中氏は6日に出演した読売テレビの番組『そこまで言って委員会NP』でも暴言を連発。

東京五輪の中止や再延期を求める世論が高まっていることに関連し、「世論が間違ってますよ。世論はしょっちゅう間違いますよ」などと発言。

さらに、政府対策分科会の尾身茂会長が国会で、五輪のリスクを指摘する発言をしたことについて、「例の分科会っていうのがね。あの座長の発言なんかひどいじゃないですか。別に分科会がオリンピックのこと決めるわけじゃないのに、明らかに越権でね」とコメントした。

【関連】辛坊治郎氏がいよいよ太平洋単独横断ゴールへ!リベンジ達成目前の心境を激白<独占Live配信決定>

本人は東京五輪開催に向けた援護射撃のつもりかもしれないが、竹中氏の発言は明らかに炎上をあおるだけ。竹中氏を黙らせることが最良の方法かもしれない。

print
いま読まれてます

  • 竹中平蔵、既得権益を批判するも「お前が言うな」の総ツッコミ。私利私欲まみれで暴利を貪る“偽善者”に国民激怒
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け