華原朋美“戦略的デブ化”の決断と苦悩とは?激太りBMI上昇で仕事殺到「目標体重100kg」説まで飛び出しファン歓喜

2021.06.18
841
by tututu
華原朋美
 

歌手の華原朋美(46)の激変ぶりが話題となって久しいが、その一方で精神的に不安定な時期もあった彼女が今とても元気そうだという声も聞かれる。なぜなら、華原に仕事のオファーが殺到しているからだ。この状況に味を占めた華原は一気に“デブキャラ”になろうとしているのではとないかという見方も出てきた。

まるで別人!華原朋美が79キロ激太り

小室ファミリーの一員として90年代に大ブレイクした華原朋美。ミリオンセラーを連発し、浜崎あゆみ(42)と並ぶ“平成の歌姫”と称された。

そんな華原だが、近ごろはすっかり激太りしてしまった姿でネットをザワつかせている。妊娠で増えた体重が出産後も戻らないことが理由だというが、YouTubeやSNSではその豪快な食べっぷりを披露している。

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

華原朋美(@tomomi.kahala0908)がシェアした投稿

かつての体重は42キロほどだったというが、出産直前には79キロまで増えたと華原は語っており、全盛期を知っている人からすると、「誰?」と感じてしまうかもしれない。

当時の面影はあまりなく、まるで別人のようになってしまったといえる。

しかし、この激変ぶりが華原朋美を思わぬ“良い方向”へと向かわせているのだ。

【関連】横浜流星のファン離れが加速?『着飾る恋』で向井理に完敗、人気低迷で俳優生命の危機、熱愛報道が致命傷の恐れも

華原朋美、まかさの“デブキャラ”枠でオファーが殺到

昨年9月に長く所属した芸能事務所・プロダクション尾木と所属レコード会社・ユニバーサルミュージックとの契約を解除していたことを発表し、現在はフリーランスとして活動している華原朋美。

芸能生活は30年近くに及ぶが、彼女ほど多くの浮き沈みを味わった人間はいないだろう。

2019年8月に45歳で第1子となる男児を出産したが、ここ数年は華原の姿をテレビで見ることはあまり多くなかった。

しかし、華原が激変したことで、状況は一変してしまったという。芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「今、華原さんにオファーが殺到しているといいます。太ってしまったことは事実ですがそれを隠そうとはせず、あっけらかんと食べ続けていることが、かえって好感を呼んでいます。もはや自分を“デブキャラ”扱いして自虐ネタをいうなど、開き直っている印象です。華原さんはデブキャラという新境地を獲得したといえるのではないでしょうか」

【関連】上白石萌音、“容姿イジリ”でメンタル崩壊寸前。アンチ急増で言葉の刃に傷心、順風満帆の裏で抱える苦しみに心配の声

体型は変わってしまっても、華原朋美という人間性は変わらない。華原の第2の芸能人生は、そんな新しい一面を見せることで開花していきそうだ。

print
いま読まれてます

  • 華原朋美“戦略的デブ化”の決断と苦悩とは?激太りBMI上昇で仕事殺到「目標体重100kg」説まで飛び出しファン歓喜
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け