華原朋美、熱愛報道は話題作り!?“デブキャラ”で復活の歌姫に「やらせ疑惑」浮上、激太りの裏に隠された巧みな戦略とは

2021.07.23
277
by tututu
 

次々と話題を振りまく華原朋美の復活ぶり

かつてのイメージから180度変え、自虐ネタまで繰り出す“デブキャラ”という新境地を見つけた華原朋美。その勢いは本物で、何より本人が楽しそうに過ごしていることが成功の証だといえる。

2019年8月に45歳で第1子となる男児を出産した華原だが、昨年9月に長く所属した芸能事務所を退社。表向きは自ら退社したことになっているが、若い頃から乱用していた精神安定剤や睡眠導入剤などの薬がやめられずに事務所から契約解除されたと週刊文春が報じていた。

フリーランスとなった華原を支えてきたのが、現在専属マネージャーを務めている男性だ。同氏が仕切りを務めたイベントに華原が参加したことで出会い、そこから徐々に華原のサポートをするようになっていったという。

イベント会社の社長でもある同氏はかなりのやり手として知られているようで、華原の専属マネージャーとなった今年3月以降、彼がさまざまな戦略を練っていることは間違いないだろう。

【関連】浜辺美波、平祐奈と破局のキンプリ平野紫耀を悩殺!?“女教師”で共演者キラーの本領発揮、ジャニーズファンの攻撃対象に

芸能事情に詳しい週刊誌の記者は次のように語る。

「華原さんの激太りが指摘され始めたのは昨年末くらいですから、さすがにマネージャーから『太れ』と指示されたわけではないでしょう。しかし、激太りを逆手にとってキャラとしていかそうと同氏が考えた可能性はあります。華原さんの人気が復活してきたのは、彼の手腕によるところが大きいはず。激太り、ダイエット、熱愛疑惑と次々と話題を提供していることは確かですから、相当なやり手だといわれています」

平成の歌姫とまで呼ばれたスター歌手をまさかの手法で復活させたマネージャー氏。また別の仕掛けで世間を楽しませてくれることは間違いなさそうだ。

【関連】長澤まさみのセクシー写真集で日中争奪戦が勃発!?妖艶ボディで中国メンズを虜、出演映画が750億円超の大ヒットでウハウハ

人材不足のデブキャラ業界「実はおいしい?」

8月17日の誕生日で47歳になる華原朋美。現在は誕生日や年末のディナーショーに向けて減量を継続しており、ジム通いに励んでいるという。

その一方で、“デブキャラはおいしい”ということに気付いてしまったのも事実。

というのも、テレビ界で「ダイエット企画」はキラーコンテンツであり、太っている人が痩せればそこにギャップが生まれ、しかも長期にわたって追えることから、一回立ち上げれば続きもののコーナーとして成立させることができるのだ。

「素人のダイエット企画ですら数字が獲れるわけですから、これが芸能人ともなれば確実に多くの集客が見込めます。とはいえ、芸能界では人手不足。太っていることを明かし、ダイエット企画に挑戦してくれるタレントは限られているのです」(前出・芸能記者)

そこへ現れたのが華原朋美というビックネーム。喉から手が出るほどの人材だといえるだろう。

「実際に華原さんのダイエットを追った『アウト×デラックス』は大きな反響を呼びました。今回は7kgのダイエットに成功という結果で終わりましたが、リバウンドを繰り返せば、企画としてはまだまだこすれます。番組にとっても華原さんにとってもウィンウィンだといえるのではないでしょうか」(前出・芸能記者)

【関連】広瀬すずと中川大志が“もらい事故”で熱愛確定!?コロナ感染で「交際バレ」が激増、仲野太賀&森川葵の同棲疑惑も再熱

デブキャラのおいしさを知った華原朋美、今後は体重の増減を繰り返してダイエットコンテンツの常連となりそうだ。目指すはオペラ歌手でタレントの森公美子(62)といったところかもしれない。

print
いま読まれてます

  • 華原朋美、熱愛報道は話題作り!?“デブキャラ”で復活の歌姫に「やらせ疑惑」浮上、激太りの裏に隠された巧みな戦略とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け