パナ早期退職の募集に1000人殺到。優秀人材の大量離職は「誤算」か必然か

2021.10.09
464
shutterstock_1107217430
 

今年7月、家電大手パナソニックが早期退職者を募集した結果、1000人超の応募があったと報じられました。中には優秀な人材からも手が挙がったと明かしたパナですが、この事態は予測できなかった「誤算」だったのでしょうか? 「謝罪のプロ」として知られ、さらに「危機管理のプロ」としてコンプライアンス研修の講師も務める増沢隆太さんは、まぐまぐのコンテンツプラットフォーム「mine」内で、実際に再就職支援プログラムに関わったことのある立場から、今回の「パナ大量退職応募」騒動を論じています。

1千人早期退職募集のパナ、優秀人材応募は誤算だったのか?

パナソニックは今年7月に早期退職者募集を実施したところ、1千人を超える応募があったと発表しました。同社の楠見社長は「活躍して欲しい人からも応募があった」と複雑な思いを表しました。パナソニックにとって優秀人材の早期退職は誤算だったのでしょうか? 再就職支援プログラムに実際に関わった立場でにらみます。

リストラは進む

アベノミクスの効果が下々の者まで及んでいるのかどうか、企業は業績に関係なくリストラを進めています。かつて企業のリストラといえば経営危機、倒産の恐れからくる鬼気迫ったものが普通でしたが、いまバンバン行われているリストラは少し違います。

パナソニックについても、全社連結業績で、売上高前年同期比28.8%増の1兆7924億円、営業利益は前年同期から大きく改善して1044億円(1000億円を突破したのは、リーマンショック直前の2008年度第1四半期以来、13年ぶり)過去最高益のバブル真っ盛り1985年度並の水準といわれます。

経営は絶好調なのでしょう。ではなぜリストラなのでしょうか。

同社の早期退職制度「特別キャリアデザインプログラム」は期間限定ですが割増退職金が加算され、その上限額は4000万円だそうです。破格といえる待遇です。

【関連】小泉進次郎がレジ袋有料化で責任逃れ。「決めたのは僕でない」発言に国民の怒り爆発、地元でビラ配りも“ムダ紙で環境破壊”の声

print
いま読まれてます

  • パナ早期退職の募集に1000人殺到。優秀人材の大量離職は「誤算」か必然か
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け