なぜ大谷翔平は紅白歌合戦のゲスト審査員を断ったのか。外すことができない大晦日の“予定”とは?

2021.12.27
508
cc20201127
 

2021年も気付けば残りあとわずか。本番まで10日を切ったギリギリのタイミングで、NHK紅白歌合戦のゲスト審査員が発表されました。今年の顔となった有名人の総出演が期待されていただけに、やや拍子抜けという声も…。中でも大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)の姿を見られないことにがっくりした人も多かったようですが、そこには驚きの理由がありました。芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんが解説します。

大谷翔平も新垣結衣もいない残念な『NHK紅白歌合戦』

第72回NHK紅白歌合戦のゲスト審査員が発表されましたね。スポーツ枠は卓球の石川佳純とパラ・アスリートの谷真海。大河枠からは三谷幸喜と小池栄子、朝ドラ枠からは坂口健太郎、清原果耶でした。

なんだか地味…そう思ったのは私だけではないはず。

せっかく『笑ってはいけない』シリーズが休止なのに、NHKはこの番組のファンを視聴者として獲得する気はないのでしょうか…。

私の失望が大きいのは、コロナ禍に明け暮れた年の最後に、今年を代表する名誉ある席に座るのが大谷翔平でもなく、小栗旬でもなく、新垣結衣でもないからです。

関係者に話を聞けば、大晦日の大谷は“午前中にルーティン・ワーク・トレーニングがあるだけ”だといいます。

まぁ昨年もそうでしたから、年越し~プライベートを誰と何をして過ごすのかを知られるのを嫌う大谷らしいといえばらしいですけれど…。

大河枠では、今更三谷の“生オヤジギャグ”を披露されても誰が喜ぶのか…やはり来年の大河に賭ける思いを小栗本人の口から聞きたかったという思いは拭えません。

司会が大泉洋ですから、もしかしたらリモート含め、サプライズもあるかもしれませんけれど…。

審査員の発表を聞き、私の頭の中は5年前の『紅白』がフラッシュ・バックしていました。

白組が『嵐』相葉雅紀、紅組が有村架純というMCで、ゲスト審査員に大谷とガッキー、高畑充希が座っていた年のことです。

今でも脳裏から消えないのは、渡辺“ビヨンセ・ガガ”直美が大谷に尻を押し付け果敢に絡んでいったシーンと、『恋』を熱唱する星野源と照れながら座ったまま“恋ダンス”を踊るガッキーの愛らしい姿です。

コロナ禍で辛い思いをしていらっしゃる方や医療従事者の胸の内を考えたら、笑顔になるのは不謹慎で申し訳なく思いますが、大晦日の夜の数時間だけでも、来年こそは…と願っても罰は当たらないのではないでしょうか。

私は個人的に、あの5年前のように眩しく、ほっこりして元気になるような“紅白の奇跡”をもう1度観てみたいと思っているのです。

また、『紅白』の企画に関する取材をしていて、ちょっと前に局の関係者から『マツケンサンバ2』の噂を聞いたことがありました。

print
いま読まれてます

  • なぜ大谷翔平は紅白歌合戦のゲスト審査員を断ったのか。外すことができない大晦日の“予定”とは?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け