園子温の「性加害報道」で広がる波紋。業界内ではよくある話?“ドラマの天皇”と女優のただならぬ関係とは

2022.04.13
167
sonoshion
 

波紋を呼んだ園子温監督(60)による複数女優への“性加害報道”。あちこちから批判が高まる中、園監督は「事実関係が違うところが多くある」と法的措置を取る考えを明らかにしています。そんな園監督の騒動について、「この手の話は業界ではよくあること」とするのは芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さん。芋澤さんは「自慢話の話半分が関の山」としつつ、“ドラマの天皇”と女優のただならぬ関係について紹介しています。

園子温監督の性加害報道はどこまで真実なのか?

『新宿スワン』『冷たい熱帯魚』『愛のむきだし』などの園子温監督が、在米映画関係者から“性加害”の告発を受け窮地に立たされています。

園監督の制作プロダクションは公式サイトに“事実関係を整理して、あらためて発表いたします”と真実には触れなかったもののおわび文章を掲載しました。

『ヴェネツィア国際映画祭』、『トロント国際映画祭』といったグローバルな世界で高い評価を受けていた園監督への告発だけに、映画界では想像以上に波紋が広がっているようです。

映画への出演を条件に監督と女優が関係を持つ…これは実は周辺取材を重ねていれば度々耳に飛び込んでくる話なんです。

今回このスキャンダルを報じた『週刊女性』によれば、園監督はスタッフを捕まえてはー

「女はみんな、仕事が欲しいから俺に寄ってくる」「主演女優にはだいたい手を出した」「俺のおかげで売れた」などと豪語していたといいます。

映画界に限らずドラマに出たい女優、ファッション誌でグラビアを飾りたいモデルに対し、様々な現場でこんな自慢話を恥ずかしげもなくする人物に、私も度々遭遇していました。

こういう人たちはメンタリティが常人と違うのでしょうね、“いい加減にしてくれ”と、私の方が席を立ちたくなってしまったことを思い出します。

園監督のフィルム・グラフィを今、入念にチェックしている方も少なくないと思うのですが、私の体験上“話半分”というのが関の山だと思います。

【関連】川栄李奈の黒歴史に!?Hey! Say! JUMP山田涼介との“恋人”が女優生命を左右する?

こういう下品で虚言癖さえありそうな人物の話は“半分上の空で聞き流す”のが芸能記者の鉄則です。実際こういう話を真剣に受け止めていた頃の私は、何度となく痛い目に遭っていますから…。

print
いま読まれてます

  • 園子温の「性加害報道」で広がる波紋。業界内ではよくある話?“ドラマの天皇”と女優のただならぬ関係とは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け