一線を越えてしまった日本。露からの「ミサイル飛来」の覚悟が必要なワケ

2022.05.04
1772
shutterstock_1038561880
 

泥沼化の様相を呈しているウクライナ情勢。すべてをプーチンのせいにして戦争を長引かせたい勢力があると語り、ロシアが窮地に陥ったケースでの最悪の幕引きシナリオに関する重大な警鐘を鳴らすのは、心理学者の富田隆さんです。今回のメルマガ『富田隆のお気楽心理学』では、日本が支援物資輸送に「空中給油機」を使用したことでロシアを本気で怒らせてしまったと指摘。与野党すべての政治家に対し、日本がスケープゴートとして利用される材料を与えた自覚があるのかを問います。そして、富田さん自身は、ミサイルの飛来を覚悟しながら生活を始めたと伝えています。

いつの間にか心理学的な知恵もついてくる、富田隆さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

クマ踏んじゃった:ウクライナ紛争はまだまだ続く

ロシアは当初からリストアップしていた攻撃目標(キーウなどの占領は最初から計画外でした)をほぼ全て攻略し、大方の勝敗はついているのに、英米や日本のメディアでは、まだウクライナの側に勝機があるかのような報道をしています。

要するに、まだまだ戦争が続いて欲しいのです。このように、外野の応援団が鉦や太鼓で気勢を上げ、ゼレンスキーが「徹底抗戦」を叫び続けている間にも、ウクライナの国民は毎日命を落としています。

しかし、米国のバイデン「大統領」にしてみれば、秋まで戦争状態が続いてくれないと11月の選挙は絶望的です(なぜか、米国では戦争が起こると大統領の支持率は高くなります)。それに、ウクライナをめぐる息子ハンター・バイデン絡みの汚職問題を米国内の主要メディアも報道し始めました。FBIも重い腰を上げたようです。これの証拠や証人を葬り去るためにも、もっと時間が欲しいところです。

さらに、米国内のインフレは収まらず、先週に続き今週も株価は大暴落、こうした経済上の失政をすべてプーチンに擦り付け続けるためにも、戦争を続ける必要があります。

しかも最悪なことに、これまで米国防省やクリントン財団などが係わって来たウクライナ国内の「生物兵器研究所」などは、すべてロシア軍に制圧されてしまいました。戦争が終われば、バイデンやネオコンにとって都合の悪い「証拠」をロシア側が全て暴露するでしょう。

さらに、逮捕されたアゾフ連隊の要人や外国人傭兵なども、ロシア系住民への虐殺行為やロシア兵への拷問などを証言するでしょう。ついでに、彼らのスポンサーの名前も出て来るかもしれません。これだけは避けたい。何とかもみ消すための時間が欲しい。

そんなわけですから、バイデンやネオコン、英米の国際金融資本や産軍複合体は、ウクライナで何年も戦争が続き、泥沼化するように動いています。そして、できるだけ多くの関係国をこの泥沼に引きずり込みたいのです。

ドイツのショルツ首相が言うように、このままロシアとの関係が悪化して石油や天然ガスが止まるようなことになれば(今はロシアからの供給が続いています)、ヨーロッパの経済は破綻してしまいますが、ネオコンや一部の国際金融資本にとって、そんなことは気になりません、と言うより、それこそが「グレート・リセット」であり、狙い通りなのです。

彼らは、ヨーロッパもロシアも滅茶滅茶になって構わないのです。もちろん、ウクライナの国民が戦争で死ぬのも織り込み済みです。彼らは「尊い犠牲」であり、みんな「プーチンが悪い」で片付けることができるのです。

いつの間にか心理学的な知恵もついてくる、富田隆さんのメルマガ詳細・ご登録はコチラ

 

print
いま読まれてます

  • 一線を越えてしまった日本。露からの「ミサイル飛来」の覚悟が必要なワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け