沖縄のFC琉球がプロスポーツクラブ初の「IEO」実施。総額約10億円の調達を計画、抽選販売の申し込みは5/18まで

2022.05.16
16
by gyouza(まぐまぐ編集部)
スクリーンショット 2022-05-16 12.33.23
 

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に所属する沖縄県のサッカークラブFC琉球(運営:琉球フットボールクラブ株式会社)は、4月27日に国内プロスポーツクラブで初めてとなるIEO(Initial Exchange Offering、暗号資産交換業者を介して行われる資金調達の方法。IEOに当選した場合、新規発行されたトークンを募集価格で購入できる)をGMOコイン取引所を通じて実施し、FC Ryukyu Coin(以下、「FCRコイン」)の抽選販売を4月27日(水)16時より申し込み開始、5月18日(水)14時59分まで募集中だ。総供給量10億FCRコインの45%にあたる4.5億FCRコインをIEOプロセスの中で分配し、調達した資金は現在J2リーグで戦うチームの強化育成費やスタジアム施設関連費、FCRコインの活用ができるプラットフォーム「FC RYUKYU SOCIO」のエコシステム構築に使用される。

また、今回のIEOを記念してFC琉球として初となる公式マスコット「ジンベーニョ」のNFTをファンクラブ会員と一般希望者(抽選)合計1,000名へエアドロップする。

FC琉球コインについての詳細と募集申し込み、およびNFT配布に関してはこちらをご参照。

FC Ryukyu Coin

■IEO(Initial Exchange Offering)について

「IEO」は、独自暗号資産(トークン)発行によるコミュニティの形成・強化や資金調達を暗号資産取引所が支援するもの。

企業やプロジェクト等の発行体が、ユーティリティトークンを電子的に発行することで資金調達を行う仕組みの中でも、暗号資産取引所が主体となって発行体のトークン販売を行うモデルを指す。

IEOは近年注目を集めており、海外で多くの事例がある。国内でも改正資金決済法施行以降、ガイドライン策定等の制度整備がされてきているが、プロスポーツクラブでの発行となるIEOは国内初の試みであり、プロスポーツ界にとっても新たな挑戦となる。

今回のIEOによって調達した資金の使途は以下の通り。調達した資金を活用しプラットフォームの開発・エコシステムの拡大をはじめ、J1リーグ昇格に向けたチームの強化投資を加速させるという。

40%:FC琉球のチーム運営・強化費・育成費
40%:FC RYUKYU SOCIOシステム開発・運用・マーケティング費
12%:FC琉球コイン発行・運用費用
8%:予備費用

■「FC RYUKYU SOCIO」について

「FC RYUKYU SOCIO」はスポンサーを含むサポーター、選手、クラブの3者間の繋がりを再構築し、価値共有をよりなめらかにするプラットフォーム。

その中で流通するFCRコインを通して、サッカークラブが持つ価値の分散化と流動性を促し、地域サッカークラブに共通する資金問題などの経営課題を解決していくことで、現代サッカークラブ経営の新しいスタンダードを作り、地域スポーツクラブと地域経済の関係性にイノベーションをもたらすという。

■IEO記念のNFT発行について

FC琉球のサポーターである「ベンガラ会員」「ゴールド会員」にはIEOを記念し公式マスコット「ジンベーニョ」のNFTを無償配布(3/31時点の会員が対象)。

またこのIEOをきっかけにFC琉球を応援してくれる方々に対しては、抽選で1,000個のNFTを同じく無償配布します。NFTには2パターンのレアリティが設定されているが、これらはランダム形式で既存サポーター、および希望者に対して抽選でエアドロップされる。

■IEO記念となるジンベーニョNFTのイメージ

 スクリーンショット 2022-05-16 12.37.40

スクリーンショット 2022-05-16 12.38.45

このNFTはFC琉球として初となる公式NFTであり、その保有者は永続的に以下のような特典を受けることができる。

・FC RYUKYU SOCIO内の限定コンテンツへアクセス
・FC琉球のホームゲームや公式イベントでの特別体験

FCRコインと共にNFTにもこれから様々な付加価値を設けていく予定という。特典付与の詳細と合わせてマイルストーンのアナウンスが後日あるとしている。

FC RYUKYU SOCIO NFT Airdrop

上記 NFT Airdrop特設ページから、誰でもNFTの抽選申し込みが可能。抽選日である5月18日のトークン割当後、特設ページで登録したウォレットアドレスへNFTがエアドロップ形式で無償配布される。

■FC琉球コインの申し込みはこちら

https://fcr-coin.com/

■暗号資産「FCRコイン」のIEO実施概要

IEOは、GMOコイン株式会社にて、以下の通り実施を行われる予定。

トークン名:FC Ryukyu Coin
ティッカー:FCR
発行者:琉球フットボール株式会社
トークン規格:ERC-20
法定気位置付:改正資金決済法2条5頁1号が定めるいわゆる「1号暗号資産」
総発行枚数:1,000,000,000FCR
IEO販売枚数:450,000,000FCR(発行枚数の45%)
IEO受託業者:GMOコイン株式会社(関東財務局長 第00006号)
販売方法:Intial Exchange Offering(IEO)形式での販売
購入対象者:「GMOコイン」から申し込みを行ったユーザー

【スケジュール】

4月27日募集開始
5月18日抽選およびFCRコイン受渡し

 

情報:PR Times

image by: GMOコイン「FC RYUKYU SOCIO IEO ホワイトペーパー」

print
いま読まれてます

  • 沖縄のFC琉球がプロスポーツクラブ初の「IEO」実施。総額約10億円の調達を計画、抽選販売の申し込みは5/18まで
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け