米国が画策する中国包囲網。世界最大の連合海軍演習で見えてくる狙いとは

2022.06.13
1206
LONDON- MAY 8: The UKs largest warship, HMS OCEAN, docked on the river thames at royal greenwich, for an anti-terror exercise ahead of the Olympic games, London, may 8, 2012.LONDON- MAY 8: The UKs largest warship, HMS OCEAN, docked on the river thames at royal greenwich, for an anti-terror exercise ahead of the Olympic games, London, may 8, 2012.
 

世界最大の連合海軍演習が始まろうとしています。今年は日本も環太平洋連合軍事演習に参加することとなり、その詳細を無料メルマガ『キムチパワー』で、韓国在住歴30年を超える日本人著者が分析し伝えています。

環太平洋連合軍事演習=リムパック、今月末から

今月末に開かれる世界最大の連合海軍演習「環太平洋連合軍事演習(RIMPAC=リムパック)」に米国・日本・オーストラリア・インドのクアッド4か国が参加することが分かった。

米国海軍第3艦隊が主導する今年の訓練には、中国と南シナ海領有権紛争中のマレーシア、フィリピン、ブルネイも参加する。

特に、韓国と日本は歴代最大規模の戦力が参加する。米海軍はこの訓練が「強大国(majorpowers)の攻撃を抑止・制圧」するのに寄与すると明らかにし、一時中国も参加した多国籍海上訓練=リムパックが、対中国牽制の性格を持つのではないかという分析が出ている。

米海軍によると、6月29日から8月4日までハワイ一帯とカリフォルニア南部海上で開かれる今年のリムパックに26か国約2万5000人の兵力が参加する。水上艦38隻、潜水艦4隻、170編の軍用機が動員され、9国の陸軍も参加する。

韓国海軍も将兵1,000人余りと馬羅島艦、世宗大王艦、文武大王艦の艦艇3隻、潜水艦1隻、海上哨戒機1台と海上作戦ヘリコプター2台など1990年初参加後最大戦力を送る。

日本の海上自衛隊も、リムパックを控え、「自由で開放されたインド・太平洋の実現」に向け、艦艇3隻、潜水艦1隻、ヘリコプターと兵力を派遣すると明らかにした。日本は今回初めて軽空母を送ることにした。

隔年で開かれるリムパックは、「ファイブアイズ」(米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランド5か国の軍事情報同盟)が1971年に始めた。

災害対応と海上安保確保などを目的とする多国籍海上訓練で、2014年と2016年には中国人民解放軍も参加した。

【関連】20年でGDP世界順位を26位も落としている日本はもはや後進国なのか?

しかし、2018年に米国が南シナ海の軍事要塞化を問題視して中国を招待しないことにし、今年クアッド4国と南シナ海諸国が参加することになった。

print
いま読まれてます

  • 米国が画策する中国包囲網。世界最大の連合海軍演習で見えてくる狙いとは
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け