爆笑問題・太田が統一教会と萩生田氏を擁護するウラ事情とは? 金か忖度か逆張りか 著しい“ほんこん化”に「芸人として終わった」の声も

2022.08.23
948
by たいらひとし
touitsu-ota
 

連日の報道で注目される、自民党の萩生田光一政調会長(58)と生稲晃子議員(54)の「旧統一教会(現・世界平和統一家庭連合)」関連施設への訪問、そして自民と統一教会の「癒着」という大問題。昨日の記事でも、統一教会が全国の地方議会に浸食し、統一教会の理念とピタリ一致する「家庭教育支援条例」なるものを次々と成立させている実態を報じた。

【関連】自民・生稲晃子議員「同性婚反対」は、統一教会の影響か。地方議会にも暗躍、マスコミに「関係バラす」と脅迫の何サマ

こうした中、なぜか統一教会や自民を擁護するような発言で物議を醸しているのが、お笑いコンビ爆笑問題の太田光(57)だ。MCをつとめるTBS系『サンデー・ジャポン』では、毎週のように統一教会や萩生田氏ら自民党を擁護して大炎上している。権力に対して毒のあるジョークで切り込む今までの太田は、どこへ行ってしまったのだろうか?

矛先を韓国政府に向けるも、鈴木エイト氏の一言で撃沈

太田は『サンジャポ』で再三にわたって、加熱する「統一教会・自民党」報道を危惧する発言を繰り返してきた。

7日放送分では「そもそも、この問題、きっかけがテロであったことをマスコミはもう少し自覚しないといけない」として、「テロによってわれわれが動き出したっていう自覚を持たないと。こうすれば社会が動くって思う人が潜んでいる」と、“第2の山上容疑者”を生まないためにも教会批判は抑えるべきだと主張して、ネット上で猛批判を浴びた。

14日放送分でも、そうした批判に懲りず、「山上容疑者がやったことは決して効果的じゃないというのも同時に同じ熱量で伝えないと。見てる側には、こうすれば世間が取り上げてくれるんだって勘違いする人間がいることをマスコミは意識しないと」と、再びマスコミ批判を展開。

さらに、21日放送分では、既に「デイリー新潮」で萩生田氏と統一教会との結びつきが長年に渡るものであったことが報じられても、なおも「萩生田さんは知らなかった可能性はない?」と萩生田氏を擁護する有様だ。

そして太田は、カルト教団の暗躍を黙認するどころか手助けをするような行動をした日本政府をかばうかのように、話の論点をずらし、矛先を韓国政府に向けて、

「日本政府は、統一教会を認めている韓国政府を抗議しなければならない」

などと発言すると、出演していたカルト問題に詳しいジャーナリストの鈴木エイト氏に、

「その前に、日本政府が統一教会をどう認定するかですね」

と、毅然とした態度で言い返されると押し黙ってしまった。

21日の太田の一連の発言について、ネットでは、さらに太田批判が高まり、太田の暴走をいさめた鈴木エイト氏の評価が上がる形となったのである。

なぜ太田は、これだけの批判リスクを冒してまで、統一教会や萩生田氏を擁護し続けるのだろうか? 裏で「金銭」のやり取りでもあるのか、どこかの団体に「忖度」しているのか、理解に苦しむところだ。

これが、もし万が一、世の中の風潮の「逆張り」という太田流の芸風なのだとしたら、ちっとも笑えない悪い冗談なので即刻やめた方がいいだろう。

print
いま読まれてます

  • 爆笑問題・太田が統一教会と萩生田氏を擁護するウラ事情とは? 金か忖度か逆張りか 著しい“ほんこん化”に「芸人として終わった」の声も
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け