糖尿病にかかって研究を始めた?江部康二×桐山秀樹『糖質制限』対談(1)

J7C1458p
 

糖尿病の予防・改善に効果的な治療法として、またダイエット法としてもすっかり定着した糖質制限。今回は、そんな糖質制限の提唱者として知られる医師の江部康二先生と、先日『おやじダイエット部新入部員 脱・メタボ14日間の旅!』を上梓されたばかりのノンフィクション作家・桐山秀樹さんによる、クロストークの模様を大公開! 第1回目は、お2人それぞれの“糖質制限との出会い”について、大いに語っていただきました。

ふたりの糖質制限との出会い

―――まずは、お二人が出会われたきっかけですが、桐山さんが糖尿病と宣告された時に、江部先生の著作を偶然読まれたのがきっかけだったということですが……。

桐山:そのときは糖尿病だけじゃなくて、高血圧と狭心症、そして心筋梗塞にもなりかけ、という診断をされまして。まさに“死の四重奏”(笑)。医者に「死にますよ」と滅茶苦茶に叱られて、しょげて帰って来たその晩に、自宅で雑誌を見ていたら、江部先生の著作の広告を見かけて。

江部:あれは、何の本やったっけ?

桐山:プレジデント社の雑誌『dancyu』の別冊で、『満腹ダイエット』です。プレジデント社には知り合いの編集者がいるので、次の日に「実は糖尿病になって……」って話をしたら、すぐにその本が宅急便で届けられてきたんですよ。

江部:『dancyu』は、その前から仕事で関わってたんだよね。

桐山:そうです、グルメ取材で。取材日程の関係で、焼きそばを一日七食とか、そういうタイトな取材も当時はありましたね(笑)。だからその頃、体重が92㎏ぐらいあった。

江部:そうなるだろうなぁ(笑)。

桐山:で、届いた本を読んで、次の日からすぐさま実践したんです。糖質を一切取らないようにする「スーパー糖質制限」を。そうしたら、92kgあった体重がみるみる減って、糖尿病の数値も瞬く間に良くなったので、「これはすごい」と思って。

江部:実際にお会いしたのは、痩せてからかな。結局、それで20kgぐらい痩せたんだっけ?

桐山:そうですね、一番体重が減った時で67kgまで落ちて。その後は、糖質を制限する基準を若干緩やかにしていて、今は70kg~73kgあたりをキープするようにしています。糖尿病の宣告を受けてから、かれこれ5年経ちますが、実践したことは「スーパー糖質制限」だけだったんですが。

江部:はじめてお会いしたのは、東京だったっけ?

桐山:そうですね。江部先生の会議が東京であって、その夜の懇親会でした。先生にぜひともお礼をしなければ、ということで、お会いして。その後は、取材なども兼ねて、先生のいらっしゃる京都の高雄病院に度々お邪魔させていただいて、糖質制限の疑問点をお聞きするといった感じに。

江部:そうそう。最初にお会いした時、桐山さんの検査結果の数値も見せてもらった。

桐山:そうです。それでメールでも頻繁に相談させていただいて……。

江部:初期はいろいろアドバイスしてたな。最初の頃は、糖尿病のお薬を飲みながら、糖質制限をしていたもんだから、「それすぐに止めてちょうだい」とか。

桐山:そうですね、本当ありがたかったです。通院しているわけでもなく、お金を払っているわけでもないのに(笑)。

江部:いやいや。……アドラー心理学で言うところの「他者貢献」ですよ。それが本人の幸せにつながると、アドラーがそうおっしゃっております。

―――「糖質制限」には、桐山さんが実践された「スーパー糖質制限」も含めて、3つのパターンがあるんですよね?

江部:いや、今は4種類あると考えてもらったほうがいい。

桐山:そうなんですか。

江部:桐山さんが実践していた「スーパー糖質制限」は、1食分の糖質量の目安が10~20gと、ほぼ摂らないようにする。白米・小麦粉などを使ったパン・麺類など、糖質が多く含まれる食品はNG。糖尿病になってしまうと、こうでもしないと血糖値は下がらない。

「スタンダード糖質制限」は、昼食は糖質OKで白いご飯も少しは食べていいけど、朝と夜はガマンしてねっていうスタイル。これはサラリーマンの方とか、お昼は外食が多いから、そこで糖質を控えるのはハードルが高いということで、このやり方を推奨しているの。

で、主にダイエットを目的にしている方に勧めているのが、最初の2週間は「スーパー糖質制限」で頑張って、それで5kgぐらい痩せたら、その後は「プチ糖質制限」といって、夜だけ糖質を制限して痩せた体重を維持する方法。

―――従来までの3つのパターンですね。

江部:そして最近、新たに提唱しているのが「緩やかな糖質制限」で、これは“糖尿病になりたくない”って考えている方に向けた糖質制限。今はまだ“予備軍”ってレベルなら、1食分の糖質量を30g~40gまでに抑えておけば、将来的に糖尿病にならなくて済むし、もちろん体重減少の効果もあると。

桐山:なるほど。

江部:「糖質制限」を始めようと思っている方の現状に合わせて、この4つから選べばいいじゃない?

桐山:しかし江部先生のスゴイところは、自ら糖尿病にかかって、自分の身体で糖質制限のことを調べて、それで自ら本を書いているところなんですよね。まさに一人三役(笑)。

>>次ページ “ダイエットにも効く”ことは最初から明らかだった

印刷する

人気のオススメ記事

  • 糖尿病にかかって研究を始めた?江部康二×桐山秀樹『糖質制限』対談(1)
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい