北朝鮮に無慈悲な報復。米中「合意」というウルトラCは実現するか?

8706575877_a16c0153e4_k copy
 

米国などの一部メディアが、「アメリカは北朝鮮への軍事行動を検討し始めた」と報じていますが、トランプ大統領自身は、開戦の決断を下すまでには至っていないようです。戦争に慣れているはずのアメリカが躊躇しているのは、北朝鮮の背後に「中国の影」があるためだとするのは、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。しかし北野さんは、その中国とアメリカが手を組むという「ウルトラC」もあり得る、と記しています。

米軍、朝鮮戦争開始の条件

米メディアも報じ始めた『朝鮮戦争』の不気味なリアリティ」でも触れましたが、アメリカは朝鮮戦争の準備を開始しました。とはいえ、トランプ自身も、開戦の決断をしているわけではない。

K・T・マクファーランド大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)は約2週間前、安全保障に関わる政府関係者を集めて北朝鮮への対策を提案するように指示した。従来の考え方からかけ離れた発想でも構わないと言われたと、ある関係者は明かす。北朝鮮を核保有国として認めることから軍事行動まであらゆる選択肢を検討するよう指示された。マクファーランド氏の狙いは、政権の対北朝鮮政策を根本的に考え直すことだったという。会議に出席した政府関係者らは2月28日、マクファーランド氏に提案を提出した。これらの選択肢は精査されてから大統領に届けられる。
(ウォール・ストリート・ジャーナル 3月2日)

北朝鮮を核保有国として認めることから軍事行動まであらゆる選択肢を検討するよう指示された」そうです。それで、アメリカのエリートたちは、どんな風に思考しているのでしょうか? シミュレーションしてみましょう。

アメリカの目標

そもそも、アメリカは、なぜ困っているのでしょうか? アメリカの目標は何なのでしょうか?

北朝鮮は、「大陸間弾道ミサイルの発射実験をする」と宣言している。つまり、北朝鮮は、

  • 核兵器があります。
  • 小型化して、ミサイルに搭載できます。
  • 大陸間弾道ミサイルももうすぐ完成します。

ということで、「もうすぐアメリカ本土を核攻撃できるようになりますよ!」と宣言している。金正恩のようなクレイジーな指導者が、「アメリカ本土を核攻撃できるようになる!??」。これは、「本当の脅威」なので、「何とかしないといけないよな」と。つまり、アメリカの目標は、北朝鮮の持つ

  • 核兵器
  • ミサイル

破壊すること。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北朝鮮に無慈悲な報復。米中「合意」というウルトラCは実現するか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい