裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領

shutterstock_565304656
 

トランプ大統領が絶体絶命の窮地に立たされています。発端は、トランプ氏によるFBI長官の電撃解任。これを野党民主党が「大統領のロシア疑惑捜査の妨害」として、弾劾を要求したのです。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者の北野幸伯さんが、これからトランプ政権がどのような道筋をたどるのかを占っています。

トランプ弾劾に向かうアメリカ

アメリカが、大変なことになっています。

トランプさんは5月9日、コミーFBI長官を解任しました。コミーさんは、「トランプ陣営とロシアが、選挙戦中結託していた」疑惑を捜査していた。それで、トランプが彼を解任したのは、「捜査妨害に違いない!」と誰もが思った。

「フリンを自由にしてくれ!」

トランプさんは、「ロシアと和解して中国に勝つ」という大戦略をもっています。これは、世界一の戦略家ルトワックさんも勧めている「常識的」戦略。そして、政権内には、「親ロシアの大物」が2人いました。1人は、エクソン・モービル元CEOで、「プーチンの親友」といわれるティラーソン国務長官。もう1人は、フリン大統領補佐官です。

ティラーソンさんはいまもがんばっていますが、フリンさんは、辞任に追いこまれました。理由は、フリンさんが大統領補佐官に任命される前、在米ロシア大使と「対ロシア制裁解除について協議し、その事実を隠していたからとされています。

フリンさんは2月に辞任しました。彼がらみで、トランプが攻撃されています。「捜査妨害をした」というのです。

捜査妨害? FBIに「ロシア疑惑」の捜査中止を要請か

ホウドウキョク 5/17(水)16:15配信

 

フリン氏への捜査をやめるよう要請

 

ニューヨークタイムズ紙などによると、トランプ大統領は、ロシアとの不透明な関係にからんで辞任したフリン前大統領補佐官に対する捜査について、2017年2月、FBIのコミー前長官に、「フリン氏はいい人物だ。彼を自由にしてくれることを望む」と述べ、捜査をやめるように要請したという。捜査妨害の懸念から、会話をメモし、FBI幹部に伝える

 

トランプ大統領からの要請は、フリン氏の辞任翌日の出来事で、コミー氏は、捜査妨害の懸念から、会話をメモに残し、FBI幹部にも内容を伝えていたという。

この会話、どんな状況であったのかわかりませんが。いずれにしてもトランプさんとコミーさんの関係が良好であれば、問題視されず、そのまま消えていく話だったでしょう。しかし、トランプさんは、コミーさんを「電撃解任」し、コミーさんは逆襲を誓っているに違いない。だから、こういう話が表に出てきたのですね。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 裏切られる米国民。弾劾を免れても変わらぬ窮地のトランプ大統領
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい