「おっしゃられる」「ご覧になられる」この敬語は間違い?

shutterstock_400217020
 

日々の生活で使わない日はないと言っても過言ではない敬語にあって、間違いやすかったり混乱してしまいがちなワードを紹介してくれる、無料メルマガ『仕事美人のメール作法』。今回は、これまたミスを犯しやすい「二重敬語」について解説しています。あなたの敬語、大丈夫ですか?

気になる敬語 「おっしゃられていました」

山田部長が会議は15日でよいとおっしゃられていました。

上記の文例は「おっしゃっていました」とすればよいのに尊敬の「~られる」を付け加えてしまっています。

「言う」の尊敬語は「おっしゃる」。その過去形は「おっしゃった」です。

このように、既に敬語に変換されている言葉に、さらに尊敬の「~られる」を付けると二重敬語になります。上記の文例は

山田部長が会議は15日でよいとおっしゃっていました。

とするのが適切です。

「おっしゃられる」のほかに「いらっしゃられる」も同様の間違いです。「いる」や「来る」の尊敬語として「いらっしゃる」を使いますが、それに尊敬の「~られる」を付け加える必要はありません。

過去形にする場合も「部長は会議室にいらっしゃいました」「昨日、社長が本社へいらっしゃいました」のように「いらっしゃった」「いらっしゃいました」とするのが適切です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「おっしゃられる」「ご覧になられる」この敬語は間違い?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい