「体に良い」はもう古い。米ファストフード業界で驚きの変化

 

アメリカのバーガーが示唆、存続するビジネスの価値とは?

アメリカで10兆円の市場を狙うハンバーガーマーケットの争奪戦は、美味しさにこだわるバーガー企業が大手企業がビジネス化できないこだわりを突き詰め、いかにビジネスモデルとして確立するか? にかかっています。

国民食ハンバーガーが健康志向より美味しいもの志向へと向かっている中、支持されるこだわり(価値観)とは、食材の鮮度と調理法とトレーサビリティー、そしてサステナブルです。

なぜならアメリカの消費は、ベビーブーマーから既にミレニアル世代(1980年以降生まれ)とその後の世代に人口規模において移っており、この層がお金を使う基準は、美味しさを生み出すビジネスが世の中にとってよいことを実施しているのか? という企業の在り方なのです。

少子高齢化の日本は、これから高齢化対策と共に若い世代をいかに取り込んでいくか? がビジネスの存続には不可欠となります。

アメリカで起こっているハンバーガービジネスが存続をかけて訴求する価値は、SNSが口コミを起こす時代を見据えた戦略であり、日本のビジネスが次世代を取り込むには必要なのです。

image by: Shutterstock.com

清水ひろゆき『顧客を喜ばせる世界の成功企業最新戦略紹介』

ブランド価値を向上させるJクルーリカーストアの解説と画像は

H&Hコンサルティングのコラム解説

ブランド価値を向上させるために差異化するための
~毎月配信される限定メールマガジンの登録は~

こだわりの少量生産・高付加価値を可能にする3rdビジネス>を発信する
清水ひろゆきFBオフィシャルページ

いいね!をよろしく!更新!

小資本のリアルなビジネスで実践するための3rdビジネス研究会>更新!
メンバー登録頂いた方々とはFB上で3rdビジネスの概念とアイデアを情報交換できます!
3rdビジネス研究会に是非、登録ください!URLへいいね!くださればメンバー登録完了(無料)

存在意義が会社を成長させる
~経営合理化協会清水ひろゆき経営コラム~更新!!
オンリーワンで勝ち残る企業風土づくり
会社の存在意義は、メードイン地元!ブルネロクチネリ
<いいね!よろしく!!>

清水ひろゆきの解説するビジネスモデルとは?を解説した著書
”3ヶ月で売上げを20%アップさせる3つの仕組み”
~1本100円のワインで利益を生み続けるビジネスモデル~
書籍抜粋サンプルは、こちら

『顧客を喜ばせる世界の成功企業最新戦略紹介』

著者/清水ひろゆき(H&Hコンサルティング)

日本の上場企業トップと同行し米国優秀企業を紹介した米国ビジネスモデルコンサルタントが、そのトップだけが持つ独自の視点で利益を生み続ける現場演出から分析。日本の優秀企業が、米国企業から導入し、顧客を喜ばせた「オンリーワンになる法則」を事例で解説。<少量生産・高付加価値を可能にする3rdビジネス>を発信する清水ひろゆきFBオフィシャルページ

  •  この著者の最新記事をメールでお届け

  • 規約に同意して

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「体に良い」はもう古い。米ファストフード業界で驚きの変化
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい