【時事英語】慰安婦像問題で「日本の言い分」が世界で通用しないワケ

20171130_ianfu
 

海外のメディアで報じられたニュースを中心に解説する、無料メルマガ『山久瀬洋二 えいごism』。著者である山久瀬さんはメルマガの中で、サンフランシスコ市が市内の公園に慰安婦像を設置したことを理由に、大阪市長が姉妹都市関係を断絶すると発言したことに言及。従軍慰安婦問題に関する日本の主張がなかなか理解されない理由を日本人のある国民性と関連があると語っています。

今週のテーマは、「日本の外交アプローチの稚拙さを知らされた慰安婦像設置問題」です。

【海外ニュース】

The mayor of the Japanese city of Osaka has said he is cutting ties with San Francisco because of a new statue there, over looking a small park downtown.

訳:大阪市長はサンフランシスコ中心街にある小さな公園での新たな銅像の設置を受けて、同市との交流を断つと宣言(New York Timesより)

【ニュース解説】

このニューヨークタイムズの記事はsmall parkという言葉を使って、慰安婦像に抗議する大阪市長の行為を、皮肉をもって伝えています

もちろん、この記事ではある程度バランスをもって、戦争被害や人権問題に対する課題を伝えてはいます。

とはいえ、ここで取り上げられた問題は思った以上に深刻です。

この前アメリカに出張したときに、たまたま韓国と日本との慰安婦問題が話題になりました。

そのとき、アメリカ人のジャーナリストが、なぜ日本は謝罪しないんだろう、それだけのことなのにと私に質問をしてきたのです。

私は、この問題についての政治的なコメントは一切したくはありません。

ただ、こうした話題になるたびに、日本の意思や意図が空回りしている現状を見せつけられるのです。

日本側は過去にこの問題は政治決着していると主張します。それにもかかわらず韓国が解決したはずのことを蒸し返してくると批判します。

それはそれで筋が通っているかもしれません。

しかし、日本がこの慰安婦問題のみならず、こと複雑な背景を持った問題を語るとき、そのロジックが海外に通じていないことが多くある現実を我々は知っておくべきなのです。

それには理由があります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【時事英語】慰安婦像問題で「日本の言い分」が世界で通用しないワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい