高校時代の大谷翔平が作った「目標達成シート」が目からウロコ

9145631204_b84f2a87a3_k
 

メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスで大活躍中の大谷翔平選手。彼が高校生のときに作っていたという、まるで仏教のマンダラのような「目標達成シート」なるものをご存知でしょうか? 実は経営にも役立つというその内容を、無料メルマガ『がんばれスポーツショップ。業績向上、100のツボ!』の著者・梅本泰則さんが詳しく紹介しています。

マンダラチャートで目標達成

マンダラチャートをご存知でしょうか。仏教の曼荼羅をヒントに、経営で使われるようになったチャートです。事業計画や商品開発、問題解決などに活用されています。

形は四方形で、3×3の9つの四角形で構成されたものです。そして、一つずつの四角形は、それぞれ9つのマスに区切られています

このチャートは、「目標達成シート」として活用されることも多いです。実は、このチャートをうまく活用し、目標を達成してしまった野球選手がいます。その選手の名は、大谷翔平。今、アメリカで大活躍です。

彼は、高校1年のときに「目標達成シート」を作ったと聞いています。その内容を見ますと、驚きしかありません。本当に16歳の学生が作ったのだろうかと思わせる、素晴らしい内容です。その内容を簡単に紹介しましょう。

 

 

 

まず、シートの9つの四角の中心にある四角が、「達成するための要素」になります。そして、その四角は9つのマスに区切られていて、中心のマスに「達成目標」を書き入れるのです。

大谷選手の目標は「ドラ1、8球団」とあります。ドラフト会議で8球団から1位指名を受けることを目標にしたのですね。実際、大谷選手は卒業時にメジャー行きを希望したため、日本ハム1球団からしか1位指名を受けませんでした。メジャー行きを希望しなければ、8球団どころか12球団から1位指名があったかもしれません。十分に目標は達成しました。

それはともかく、大谷選手は「ドラ1、8球団」を達成するために何が必要だと考えたのでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 高校時代の大谷翔平が作った「目標達成シート」が目からウロコ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい