マネーボイス メニュー

熱海土石流の「犯人」に悪質な前科。違法盛り土所有者の実名、なぜマスコミは隠蔽?=山岡俊介

熱海の土石流災害についてはこれまで報道を控えていたが、静岡県副知事が「違法な盛り土が原因」との見解を示したので、この盛り土の前・現所有者につき実名報道することにした。両者ともに調べると悪質な前科を持っている。(『アクセスジャーナル・メルマガ版』山岡俊介)

【関連】あの有名女性トレーダー「ヌード確約」の怪。Nuts破産ハメ込みの裏事情=山岡俊介

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2021年7月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:山岡俊介(やまおか しゅんすけ)
1959年生まれ、愛媛県出身。神奈川大学法学部卒。零細編集プロダクションに2年半在籍し、29歳で独立。91年『週刊大衆』の専属記者を務めながら『噂の真相』『財界展望』などを中心に記事執筆。主な著書に『誰も書かなかったアムウェイ』『アムウェイ商法を告発する』(以上、あっぷる出版社)、『銀バエ実録武富士盗聴事件』(創出版)、『福島第一原発潜入記 高濃度汚染現場と作業員の真実』(双葉社)など。

静岡県副知事が「違法な盛り土が原因」との見解を示す

静岡県熱海市伊豆地区で7月3日に発生した土石流では、これまでに死者18人、行方不明者12人(18日現在)を出している。

これまで報道を控えていたが、13日、静岡県の難波喬司副知事は記者会見し、この大惨事は「違法な盛り土が原因」との見解を示したので、この盛り土の前・現所有者につき実名報道することにした。

この重大疑惑の盛り土の土地、そもそもは前所有会社が宅地開発を目的に購入し、2006年、熱海市に申し出て「盛り土」を行った。しかし、資金難から計画は頓挫。そして翌07年には熱海市に今度は「残土処理」の目的で申し出をしている。

そもそもこの盛り土、法令に違反して届け出と異なる工事が行われた。届け出では盛り土の高さは15mとされたが、実際は最大50m以上もあった。また、排水管も設置されていなかったようだ。

その上、残土申請して以降、木くずやタイルなど違法な産業廃棄物が含まれた建設残土が捨てられた。

そこに、熱海観測史上最大の降雨があった。

このため、それでなくても盛り土は地盤が脆弱になるのに、木くずなどが土壌の隙間を作り、さらに脆弱に。しかも、巨大な盛り土だったことから、土石流は途中の砂防ダムも役に立たず、下の住宅地まで一挙に流れ、今回の大惨事になったと見られる。

2011年、現在の所有者に転売されている

この盛り土、2011年には現在の所有者に転売されている。

こうした経緯を見れば、もっとも責任があるのはこの前所有者だろう。

ただし、この盛り土のすぐ横には太陽光発電所がある。これを建設したのは、この一帯の土地を所有する現在の盛り土所有者。

あくまで一般論ながら、太陽光発電所建設のために、傾斜地の森林を伐採したことで、なおさらこの一帯の山の保水力が低下したとの見方もある。また、前所有者が盛り土を作ったとはいえ、現所有者である以上、違法または危ない状況を是正すべきだったとか、管理責任を問う声も出て当然ではないか。

そして、この前・現所有者(オーナー、元社長)につき調べて見ると、共に前科あり。しかも、以下に述べるが悪質な犯罪と来ている。

そうした事実をも思えば、この2人、順法精神に乏しいと思わざるを得ず、なおさら疑問に思わないわけにはいかないのだ。

Next: 「違法盛り土」の前・現所有者が犯した罪の数々



虚偽の登記、違法なデリヘル入居で罪を問われた前所有者

まず前所有者だが、それは神奈川県小田原市のS社。現在は登記書き換え中で閲覧できない状況だが、既報道によればすでに清算されている。そのS社のオーナーで、元代表はA氏である(※編注:有料メルマガ内では、本記事では伏せた法人名・A氏の実名も公開しています)。

同社は不動産会社で、そもそもは1999年6月、ペット葬儀業、美容室などを目的に設立されたが、03年1月に競売ビルを落札したことから、社名をS社に改めて不動産業をするように。

しかし、その買収資金もあの悪名高かった「SFCG」から借入、結局、支払えずすぐ譲渡担保でSFCG名義に。

そんな会社なのに、宅地開発に乗り出したのだから頓挫するのも無理ない。

しかも、このA氏、00年5月(一審判決)には、小田原市のログハウス経営会社の債務整理に介入し、右翼の男らと、債権回収妨害事件を起こし、虚偽の賃借権設定仮登記や所有権移転登記を申請。公正証書原本不実記載・同行使と競売妨害罪に問われ、懲役1年4月、執行猶予3年の判決を受けている。

それだけではない。落札したビルのテナントに、売春を周旋している違法なデリヘルと知りながら入居させ、しかも高い家賃を取っていて、09年11月、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益等収受)容疑で逮捕されてもいる。

こんな人物であり、静岡県副知事も「人災」といっている以上、もはや大手マスコミも実名報道してもいいと思うのだが未だしないことに関しては、A氏、自民党系の同和団体「自由同和会」幹部でもあり、未だ同和タブー、あるいは自民党に忖度してとの見方も出ている。

現所有者は不動産業の元代表、脱税で服役

一方、現在の所有者はM氏個人。盛り土横の太陽光発電所を所有・経営するのは、このM氏が率いる東京都千代田区のZ社である(※編注:有料メルマガ内では、本記事では伏せた法人名・M氏の実名も公開しています)。

このZ社は不動産業のU社(愛知県名古屋市)、建設業のM社(同)、マンション管理のL社(東京都千代田区)などからなり、そのグループ売上高は約750億円(20年12月期)にもなる。上場準備をしていたが、このコロナ禍で先送りしたようだ。M氏は、Z社の代表も取締役も19年3月に辞めているが、現在もオーナーであることに変わりはない。

そのM氏だが、計6億円以上の脱税で92年1月、懲役2年の実刑(控訴審)となり、弟と共に服役している。

なお、98年には前出のグループ会社・U社が所有、同M社社員の訓練のために飛んだ軽飛行機が墜落し5人が死亡。さらにいえば、大坂の学校法人「M」を巡っては、業務上横領で、元理事長らが逮捕され、これも大きな話題になったが、昨年8月、M氏が資金援助し、再建を目指すことが決まっている。

Next: なぜ大手マスコミは実名を報じない?現所有者の代理人は超大物



現所有者の代理人は超大物

最後に、今回の土石流の件で、当然ながら大手マスコミは実名はまったく報じないものの、M氏サイドも取材しているが、M氏サイドの代理人を務めるのは、あの著名な大物弁護士・河合弘之氏。

今回の「盛り土」による土石流の責任は、すべて前所有者にあると主張。太陽光発電所建設の影響もないと断言している。

河合氏は、小泉純一郎元首相同様、反原発運動転じて太陽光発電推進の絡みからのことかも知れないが、小泉氏が「テクノシステム」の広告塔になっていたように、太陽光発電業者のなかには悪徳業者が少なくない。気をつけないと原発推進派を勢いづかせることになると、ご注進しておく。

続きはご購読ください。初月無料です

有料メルマガ内では、本記事では伏せた法人名と前・現所有者の実名を公開しています。

・「積水」がまた騙された。強風で人命の危険も──悪徳中国人によるニセ「防音パネル」販売にご注意!
・檀れいの義弟!? が詐欺容疑で告訴される
・『Nuts』余話と松田元氏『ビート』お払い箱に
・未公開株詐欺ではなく、未公開株営業の詐欺?(2)
※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2021年7月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 7月 配信済みバックナンバー>

※2021年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

NO.590 2021年7月12日号
・「アルヒ」定時株主総会──浜田議長、媒介者に過ぎないとして我関せずの姿勢に終始
・「リクルート」を悩ます、あの元大石組長持分100億円旧株券(4)
・完全にハコ企業になった? パス
・フローレンスと細木数子事務所の共同事業につき批判の声も
・県知事が工場見学し応援メッセージ──工場側に問題無し。「SBI」北尾社長の“乗っ取り”に負けるな!

NO.589 2021年7月5日号
・未公開株詐欺ではなく、未公開株営業の詐欺?
・「Nuts」で逮捕の長谷川容疑者が、次に狙っていた「中小企業ホールディングス」
・ようやく上場廃止の『五洋インテックス』──他の仕手株情報も
・佐川急便の営業所で、係長が飛び降り自殺(2)
・小泉元首相や小池都知事だけじゃない──「テクノシステム」の背後に安倍前首相人脈
→いますぐ初月無料購読!

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込 880円)。

NO.591 2021年6月28日号
・<芸能ミニ情報> 第87回「茨城・簀巻き遺体に、芸能界金銭トラブル説」
・本紙指摘の詐欺疑惑人物が名前を変え、公益財団法人舞台に暗躍
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(832)「平井デジタル相と朝日新聞のバトル」
・ロシアによるスパイ事件? 共謀疑惑日本人の文献調査会社
・<芸能ミニ情報>第88回「恐喝事件絡みで浮上した鳥谷選手と福岡県警幹部の名前」

NO.591 2021年6月21日号
・「中小企業ホールディングス」の社外取締役候補に元経産省キャリア
・<ミニ情報>「テラ」、国際的バイオテクノロジー企業と業務提携へ、で株価急騰だが……
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(831)「東芝」と「廣済堂」
・<芸能ミニ情報>第88回「恐喝事件絡みで浮上した鳥谷選手と福岡県警幹部の名前」
・「maneoマーケット」元社長怪死──融資先や元仲間が次々逮捕に

NO.590 2021年6月14日号
・<新連載>『わが国の親権問題を考える』第2回「“お母さんに会いたくない──夫側の「洗脳”を理解できない調査官」
・コロナで苦境のスポーツ用品業界に合併話
・事件屋に完全に乗っ取られた!?警視庁御用達企業「ポータ工業」(1)
・「maneoマーケット」元社長死亡で気になる「テラ」の闇
・「プラコー」社外取締役に「和円商事」本多社長就任の背景

NO.589 2021年6月7日号
・「テクノシステム」社長ら逮捕──地検の狙いはやはり政界ルート!?
・「エイベックス」、第三者割当による自己株式処分で「サイバーエージェント」が筆頭株主へ
・「廣済堂」巡り、麻生家VS中国人仕手筋
・「テラ」の捜査状況──相場操縦ではなくインサイダー容疑で、平社長ら12名取り調べ中!?
・「正圓寺」乗っ取り事件──ついに実力行使へ。首謀者は維新・亀田スポンサー、弁護士はいわく事件多数関与(2)
2021年6月のバックナンバーを購入する

NO.588 2021年5月31日号
・<主張>再々登板説が出るなか問う──コロナ対策失敗のA級戦犯に従った安倍前首相は同罪
・M資金詐欺?日韓裏面史の証拠?旧第一勧銀振出し200億円小切手
・「正圓寺」乗っ取り事件──ついに実力行使へ。首謀者は維新・亀田スポンサー、弁護士はいわく事件多数関与」
・.2.11「LEGEND」開催で、今も水面下で暗闘の「東日本ボクシング協会」、「クレアホールディングス」
・既報の「大臣の名前を出して本紙を恫喝」叔父仲間の脱税疑惑(2)

NO.587年5月24日号
・『週刊新潮』も報じた「ナニワの名刹」乗っ取り側、秘宝・秘仏も転売
・維新の正体見えたり──「愛知県知事リコール不正署名事件」に組織的関与!?
・コロナ禍で利益増大!?公共放送「NHK」の殿様商法
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(828 )「昭和の仕手筋がまた死去」
・「エイベックス」松浦会長所有株売却話──阻止するための「決起集会」開催か。その戦略とは?

NO.586年5月24日号
・『週刊新潮』も報じた「ナニワの名刹」乗っ取り側、秘宝・秘仏も転売
・維新の正体見えたり──「愛知県知事リコール不正署名事件」に組織的関与!?
・コロナ禍で利益増大!?公共放送「NHK」の殿様商法
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(828 )「昭和の仕手筋がまた死去」
・「エイベックス」松浦会長所有株売却話──阻止するための「決起集会」開催か。その戦略とは?

NO.586 2021年5月17日号
・『わが国の親権問題を考える』第2回「“お母さんに会いたくない──夫側の「洗脳”を理解できない調査官」
・「Nuts」偽計事件、いよいよXデーへ(下)。「誰が偽計に関与したのか?」
・宝田陽平の兜町アンダーワールド(814)「コロナ陽性者接触確認アプリ『COCOA』不具合で、竹中平蔵ニンマリか」(+仕手株情報2つ
・「菅首相長男、総務省幹部接待問題の本丸」
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(3)

NO.585 2021年5月10日号
・『わが国の親権問題を考える』第2回「“お母さんに会いたくない──夫側の「洗脳”を理解できない調査官」
・「Nuts」偽計事件、いよいよXデーへ(下)。「誰が偽計に関与したのか?」
・宝田陽平の兜町アンダーワールド(814)「コロナ陽性者接触確認アプリ『COCOA』不具合で、竹中平蔵ニンマリか」(+仕手株情報2つ
・「菅首相長男、総務省幹部接待問題の本丸」
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(3)

NO.584 2021年5月3日号
・他人の土地を勝手に使用──デヴィ夫人、石田純一らが社長と対談の太陽光発電会社
・.<記事紹介>「『ボロ株』アジア開発キャピタルに中国『怪人脈』」(『FACTA』5月号)
<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(825)「イメージ ワン」、一転ストップ安。背後に中国系仕手筋!?
・『週刊新潮』が2週連続で報じた、「ナニワの名刹」乗っ取り事件屋の正体
・本紙既報の「テクノシステム」──東京地検特捜部が融資金詐欺で家宅捜索

2021年5月のバックナンバーを購入する

NO.583 2021年4月26日号
・山東昭子参院議長の自宅に右翼が街宣?その背景に五輪種目「空手」と反社会勢力か
・本紙既報のタイ鉱山投資詐欺人脈とリンク──ミャンマー鉱山投資詐欺の富山県の男の初公判
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(825)「やはりクレアHDには『前澤氏』が関わっていた!」
・小池都知事の兄がコロナ関連で商売──選挙資金のためとの憶測も
・トリチウム材料で大相場──「イメージ ワン」の共同実証試験内容に注目

NO.582 2021年6月7日号
・『わが国の親権問題を考える』第2回「“お母さんに会いたくない──夫側の「洗脳”を理解できない調査官」
・「Nuts」偽計事件、いよいよXデーへ(下)。「誰が偽計に関与したのか?」
・宝田陽平の兜町アンダーワールド(814)「コロナ陽性者接触確認アプリ『COCOA』不具合で、竹中平蔵ニンマリか」(+仕手株情報2つ
・「菅首相長男、総務省幹部接待問題の本丸」
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(3)

NO.581 2021年4月12日号
・<記事紹介>「『仮想通貨』詐欺と国税があなたを狙う」(筆者・大田和博氏。『文藝春秋』21年4月号)
・「真如苑」霊能者が投資詐欺──多数の信者が被害に(1)
・<記事紹介>「ウォール街ラウンドアップ──『虎の子』が示した死角」(「日経」3月30日夕刊)
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(3)
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(822)「厚労省が“問題企業”と取引など」
・夏野氏の「KADOKAWA」社長就任に異議の声

NO.580 2021年4月5日号
・「SBIホールディングス」側も大打撃必至──なぜか大手マスコミは沈黙の問題融資先<記事紹介>「・大田和博氏。『文藝春秋』21年4月号)
・河井事件の次は──二階幹事長も関わる!? 辺野古工事反社利権
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(821)2人の大物個人投資家について
・本紙既報の被害総額30億円?詐欺師と、Xデー待ち「Nuts」との接点
・<芸能ミニ情報>第84回「時短命令巡り都を提訴の裏事情!?」(2)」
2021年4月のバックナンバーを購入する

NO.579 2021年3月29日号
・反社会勢力に地上げをさせる!? URの怠慢
・<新連載>『わが国の親権問題を考える』第3回「弁護士に連れ去りを指示されたと自白した夫。これは犯罪ではないのか!?」
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(820)「『テラ』になかなか処分が下らない理由」
・<芸能ミニ情報>第83回「時短命令巡り都を提訴の裏事情!?」
・青山メインランド社長恐喝事件──松浦正親氏ら無罪確定も、本紙・山岡が人が1〜2人死ぬネタを7〜8個持っていたは認めず

NO.578 2021年3月22日号
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(819)「テラ」がいよいよ瀬戸際
・下関市長選結果──前田元秘書再選も、安倍前首相の力の陰りは明らか
・建設労働者の退職金になる建退共証紙──“公金横領”疑惑の実例
・本紙既報のマスク購入詐欺で被害約3億円──「日赤」前部長が関与。民事訴訟提起、刑事事件にも
・ファイザー製薬元副社長が、コロナワクチン研究開発の即時停止の訴えを起こした理由

NO.577 2021年3月15日号
・既報の「大臣の名前を出して本紙を恫喝」叔父仲間の脱税疑惑
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(818)SESCによる『テラ』強制調査に期待」
・あのトンピンさんが相場操縦容疑で逮捕に
・日テレ系メガソーラ建設巡り恐喝未遂事件──トンデモ裏事情
・「BNI」を利用し被害総額30億円出した詐欺師!?──前科あり、暴力団関与説も

NO.576 2021年3月8日号
・わが国仕手グループとも接点──中国市場追われた許氏の自宅(!?)から見える繋がり
・<連載>宝田陽平の兜町アンダーワールド(817)「アジア開発急騰+別の銘柄仕手化の背後にあの有名人!?」
・仙台市内最大規模メガソーラー(仙台大倉山太陽光発電所)の闇(3)
・20代女性に愛人契約を迫る、麻生副総理への大口献金者
・「無給医」に是正勧告も、反省しない「日本医科大」経営陣

NO.575 2021年3月1日号
・「クレアホールディングス」のPCR検査子会社化の一番の目的は、クレア経営陣の支配権維持か?
・本紙で「郷鉄工」を潰した主犯と指摘──「資本のハイエナ」松尾隆親子、別件詐欺容疑で逮捕
・「最近のハコモノ上場企業の増資手法──Nutsでは仲間割れ、事件化」
・青山メインランド社長恐喝事件──「本紙・山岡はカネをもらったことを隠す代わりに警察に協力」と松浦被告側が最終弁論
・「クレア」、西山氏保有株7%へアップと、ボクシングチャリティー開催
2021年3月のバックナンバーを購入する

NO.574 2021年2月22日号
・神宮前の地面師詐欺事件は、あの積水ハウス事件主犯らのチクリか!?
・住民と対立の和歌山県でのメガソーラー計画──土地買収で暴力団関与の重大疑惑浮上(2)
・「証券外務員が消滅危機」
・本紙・山岡との”紹介料”取った人物が急死
・本紙追及のライバルホール出店阻止偽装工作で──告訴人死去、本紙・山岡書類送検

NO.573 2021年2月15日号
・<新連載>『わが国の親権問題を考える』第2回「“お母さんに会いたくない”──夫側の“洗脳”を理解できない調査官」
・「Nuts」偽計事件、いよいよXデーへ(下)「誰が偽計に関与したのか?」
・「コロナ陽性者接触確認アプリ『COCOA』不具合で、竹中平蔵ニンマリか」(+仕手株情報2つ)
・菅首相長男、総務省幹部接待問題の本丸
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(3)

NO.572 2021年2月8日号
・<記事紹介>「爆上げバイオベンチャー『テラ』の悪行」(『FACTA』21年2月号)
・わが国仕手グループとも接点──中国市場追われた許氏が、日本で“恩人”に仕掛ける訴訟
・債権者が、「郷鉄工」元専務(資金調達担当)を詐欺容疑で告訴へ(2)
・『Shinwa』、増資に美術品を絡めての仕手戦!?
・<連載>「リクルート」を悩ます、あの元大石組長持分100億円旧株券(3)

NO.571 2021年2月1日号
・「Nuts」偽計事件、いよいよXデーへ(上)「なぜ、偽計を行ったのか?」
・神戸市の大手土木会社に対し──行政訴訟提訴者が民事訴訟提起
・あの篠原氏銘柄的な動きを見せる2銘柄
・あの巨額詐欺「テキシア」事件の隠れ蓑コンサル会社を捜索(1)
・あの巨額詐欺「テキシア」事件の隠れ蓑コンサル会社を捜索(2)
2021年2月のバックナンバーを購入する

【関連】河井夫妻「起訴」で高まる安倍事務所の関与疑惑、1.5億円の一部を秘書が持ち帰ったとの証言も=山岡俊介

【関連】パチンコ店の自粛拒否営業、実は違法だった? 緊急事態宣言下でも営業できたカラクリ=山岡俊介

【関連】テレビが報じぬフィンセン文書と「東京五輪ワイロ」菅政権は説明責任果たせ=今市太郎

image by:Nelson Antoine / Shutterstock.com

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2021年7月19日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額880円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

シェアランキング

編集部のオススメ記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
MONEY VOICEの最新情報をお届けします。