あれ?ニオイがない!? 納豆嫌いが開発した、納豆が美味しくなる魔法のふりかけ

2015.03.24
16
by まつさん。
img_57549_5 - コピー
 

魔法の粉をご存じだろうか?

今、ちまたで話題になっている魔法の粉をご存じだろうか。これをふりかけると缶詰もカップ麺も安い発泡酒までも劇的に美味しくなるというのだ。そんなまさかと思える魔法をかけるために社運をかけて取り組んでいるのが、香川県まんのう町宮田の食品製造販売会社「味源」だ。

味源ではこれまで、カップラーメンやカレーライス、缶詰、ビールなどが美味しくなる魔法の粉やオイルなどを自社開発・販売をしており、「魔法シリーズ」として好評だ。

納豆嫌いが毎日納豆を食べ続けて生まれた「魔法のふりかけ」

img_57549_1

3月30日に味源の新商品として発売されるのが「納豆が更に旨くなる魔法のふりかけ」だ。この商品の開発には大の納豆嫌いである味源の西山社長が開発に乗り出した。社内の納豆嫌い10人を選抜し、納豆のにおいが消えやすい材料やその配合など研究した。西山社長も開発に協力し、昨年11月から毎日納豆を食べ続けること5か月、とうとう納豆嫌いが「これなら美味しく食べられる!」と判を押す本品が生まれた。

納豆のイヤな臭いを抑える3つの食材がキーに

各社の苦手な食べ物ランキングで必ずと言っていいほどトップ10に入ってくる納豆。ご飯のお供と言われるくらいなので大好物な人もいる一方で、その独特な臭いや、ねっとりした食感、発酵食品らしい味わいが苦手な人は多い。この商品はそんな納豆の「臭い」と「味」を克服する商品ように企画された。

納豆の臭いと味を抑えるために10種類もの味を企画し、その中で特に臭いと味が変化したものが「わさび」「キムチ」「梅」の3種類。この3種類に着目し試行錯誤を行った結果、本品が完成した。

3種類とも、しょうゆやネギ、ゴマなどの風味原料をそのまま使用することにより、納豆のにおいを味を緩和。さらにそこに香りの特徴が強い「わさび」「キムチ」「梅」の顆粒を配合することで、納豆に臭いを絶妙に抑えるふりかけが完成した。

 

img_57549_2

わさびの香りと味を全面的に押し出すことにより、納豆の臭いと味を抑える。納豆の臭い、味がとにかく苦手な方にオススメ。

img_57549_3

納豆とキムチは共に発酵食品ということから、相乗効果を狙う。辛み、酸味が納豆に合うように、香味原料をブレンドしました。納豆を食わず嫌いの方にオススメ。

img_57549_4

梅の顆粒、梅肉、赤しそを香りよくブレンド。これにより、納豆が梅の香りに包まれます。こちらも納豆を食わず嫌いの方にオススメ。

 

ふりかけなので使い方は簡単、混ぜるだけ。納豆1パックに対して大さじ1杯(5g)が適量とのこと。どうしても臭いが苦手な人は火を通すと粘りや香りがさらに緩和されるのでふりかけとあわせてチャレンジしてみては。

【商品概要】

商品名  :納豆が更に旨くなる魔法のふりかけ(わさび/キムチ/梅)
参考価格 :各種類400円(税抜)
内容量  :各種類80g
賞味期限 :各種類300日間
有限会社 味源 

(まぐまぐ編集部/まつこ)

 

print

  • あれ?ニオイがない!? 納豆嫌いが開発した、納豆が美味しくなる魔法のふりかけ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け