45名死亡事故で首相辞任も。現地在住の日本人がみた緊迫のルーマニア

shutterstock_335761610
 

10月30日に発生し45名が死亡したルーマニアのナイトクラブ火災。これをきっかけにデモが発生し、首相が辞任を表明するなど混乱が続いていますが、無料メルマガ『出たっきり邦人【欧州編】』では、現地在住の日本人が緊迫した模様を伝えています。

リトル・バレリーナ ナイトクラブ火災事故

みなさんもニュースを見てご存じかもしれませんが、10月30日にブカレストのナイトクラブで大きな火災事故がありました。その日はインターナショナルのロックバンドが演奏しに来ていたらしく、およそ300人から400人がクラブにいたそうです。

パフォーマンスの一部で花火を使うシーンがあったあらしく、その火が誤って天井に燃え移ってしまったのが火災の原因らしいです。現時点で45人死亡。けが人150人以上。今も病状が悪い人はヨーロッパ内の病院に転院されたりなど難しい治療が続いているそうです。

この事故によって国の方針に不満を持った国民がデモをはじめ、街中にはたくさんの警察官が配置されています。事故が起きたときに首相だったポンタ氏は辞任されたそうです。

ここからは私が個人的に聞いた話や身近に起きたことを書きます。

私がこの大きな事故があったことを知ったのは翌日の朝でした。同居人のイギリス人のご両親がニュースを見て心配になり連絡されたからです。その日は私も日本にいる友達から大丈夫? と連絡が来たりしたり、そこで改めて大きな事故なんだと感じさせられました。

特にナイトクラブで起きた事故だったので若い人がたくさん巻き込まれました。同じオペラに所属する友達にもたくさんの人から心配の連絡が届いていました。幸いオペラでは30日も31日も公演があったので、誰もそこのクラブに行くことはなかったのですが、監督のアシスタントが友達と事故があったクラブに行く予定をしていたらしく、不幸中の幸いでアシスタントは公演中にケガをしたダンサーを救急に連れていくことになりクラブに行くことはなかったのですが、一緒に行かれる予定だったお友達が残念ながらその事故に巻き込まれてしまいお亡くなりになりました

この話を聞いたときに鳥肌がたちました。自分勝手な発言になりますが、本当にオペラの友達が誰も巻き込まれなくてよかったです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 45名死亡事故で首相辞任も。現地在住の日本人がみた緊迫のルーマニア
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい