息をのむ美しさ。GWに富士山に行きたくなる絶景写真

2015.04.18
58
by kousei_saho
写真提供:静岡県観光協会写真提供:静岡県観光協会
 

富士山特集

日本人の心のふるさと、富士山。各地に数多くの“郷土富士”があることからも、それはうかがい知れます。そこで今回は富士山を特集。美しい写真をご紹介しながらその魅力に迫ります。

芝桜 Pioneron/shutterstock_152741828

芝桜 Pioneron/shutterstock_152741828

一枚目の写真は芝桜に彩られた富士山。まさに一生に一度は見ておきたい絶景です。この思わず息をのむような風景、4月18日の土曜日から5月31日日曜日まで山梨県富士河口湖町の富士本栖湖リゾートで開催される「富士芝桜まつり」で楽しむことが可能。

期間中は富士宮やきそば甲州とりもつ煮などをはじめ『富士山周辺の“うまいもの”が大集合!』するという「富士山うまいものフェスタ」も開かれるということですから、富士山と芝桜を眺めながら舌鼓、なんていう贅沢もできてしまいますね。

大渕笹場 写真提供:静岡県観光協会

大渕笹場 写真提供:静岡県観光協会

続いての写真はお茶畑越しの富士山。これぞ「日本の原風景」という景色を目に焼き付けられるのは静岡県富士市の大渕笹場で、富士山観光交流ビューローのHPによれば「現在静岡県内でも、数少ない電線の入らない茶畑の撮影ポイントとして、多くのカメラマンが早朝より訪れる場所」なんだそうです。

この風景をカメラに収めることができるのは、一番茶摘みが始まる5月上旬までとのこと。ゴールデンウィーク期間中に足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

 富士登山者の光跡 写真提供:静岡県観光協会

富士登山者の光跡 写真提供:静岡県観光協会

最後にご紹介するのは、富士登山者が作る光跡の写真。山開きは7月ですから少々気が早い感もありますが、皆さんにぜひご覧いただきたく掲載しました。

ご存じのとおり富士山には二つの登山ルートがあり、それぞれの開山期間は山梨県側が7月1日(水)から9月14日(月)まで、静岡県側は7月10日(金)から9月10日(木)まで。どちらのルートで登っても、頂上にたどり着くまでにはへとへとになるのですが……、初志貫徹した方には、タイトル写真のような素晴らしすぎる御来光のご褒美が待っています。

私たち日本人の父であり、そして母のような存在でもある山、富士山をあまねく楽しむ──。そんなに、あなたも出かけてみませんか?


<オススメ旅情報>

富士芝桜まつり
イベント情報やアクセスなどはこちらでご確認を。写真を見るだけでも大満足、の作りです。

ハローナビ静岡
静岡県観光協会によるページ。大渕笹場の詳細情報が掲載されています。

富士登山オフィシャルサイト
環境省・山梨県・静岡県による総合サイト。登ると決めた方、必見です!


旅まぐ

⇒写真で見る日本全国の原風景が楽しめる『旅まぐ』のご登録はこちら(無料)
≪購読無料!登録はこちらから≫

print
いま読まれてます

  • 息をのむ美しさ。GWに富士山に行きたくなる絶景写真
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け