急ぎすぎた日韓慰安婦合意、日本は何を手に入れ、何を失ったのか?

kitano
 

あれほど長引いていた「慰安婦問題」が昨年の末に突如として決着を見ました。なぜこのタイミングで? 素人目に見ても明らかに違和感があります。国際関係アナリストの北野幸伯さんは、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の中で、突然の日韓合意について鋭い見解を述べています。日韓合意の裏に隠された思いもよらない思惑とは?

日韓慰安婦合意の「戦略的意義」と「問題点」2~日本のメリット

日韓慰安婦合意」の2回目です。

まだの方は、まずこちらからご一読ください。

AIIB裏切り者の韓国を取り込み「中国孤立化」をはかる米国の本気度

今日は、「日本のメリット」についてです。

中国の対日戦略

今回も「毎度おなじみの話」からで申し訳ありません。しかし、これ抜きで話はできませんので、ご了承ください。

日本政府は2012年9月、「尖閣国有化」を決めました。これを受けて、中国は2012年11月、モスクワで「今後の対日戦略」を披露しました。内容は、

1.中国、ロシア、韓国で「反日統一共同戦線」をつくりましょう!
2.三国一体化して、「日本の領土要求」を断念させましょう!

断念させる領土とは、「北方4島」「竹島」「沖縄」(!!!)日本には、「沖縄」の領有権はありません!

3.「アメリカ」を「反日統一共同戦線」に引き入れましょう!

というわけで、中国は、アメリカ、ロシア、韓国で「反日統一共同宣戦」をつくり、「日本を破滅させる」戦略なのです。

新規読者の方は、この絶対証拠をご一読ください。

反日統一共同戦線を呼びかける中国 

いつも書いている、「情報戦による孤立化戦争」ですね。日本を「孤立化」させ、「破滅」させる。その後、中国は、「まさにこの戦略通り」に動いていきました。

2013年、中国は、全世界で大々的に「反安倍プロパガンダ」を展開。そして、世界は、「安倍は右翼」「安倍は軍国主義者」「安倍は歴史修正主義者」という、中国のプロパガンダを信じはじめたのです。

2013年12月26日、安倍総理が靖国を参拝。この時の世界の反応を見て、私たちは、どれだけ中国の「反日プロパガンダ」が浸透したのかを理解しました。

小泉さんは、首相時代6回靖国を参拝しています。しかし、中韓以外これを問題視する国はなかった。ところが安倍さんが参拝すると、中韓に加え、アメリカ、イギリス、EU、ドイツ、ロシア、オーストラリア、台湾、シンガポールなどなどが、これを非難しました。

特にアメリカメディアのバッシングは厳しかった。ブルームバーグは、「安倍を罰するべきだ!」などと主張していました。

しかし、これもしばしば書いていますが、「2度の神風」が安倍総理を救います。1度目の神風は、2014年3月、ロシアがクリミアを併合したこと。これでアメリカは、日本を対ロ制裁陣に加える必要が出てきた。「靖国問題」は忘れられました。

2度目の神風は、2015年3月の「AIIB事件」。全世界の親米国家群が裏切る中、日本だけは「AIIB不参加」を表明した。アメリカは、おおいに喜び、翌4月に訪米した安倍総理を大歓迎しました。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 急ぎすぎた日韓慰安婦合意、日本は何を手に入れ、何を失ったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい