結局、尖閣有事の際にアメリカは日本を守ってくれるのか?

Chinese_sailors_qingdao
 

尖閣諸島問題で一触即発となるも、最悪の事態は免れた日中関係。しかし無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では、中国は尖閣を諦めたわけではなく、「日本にアメリカという大きな後ろ盾があるため、手出しできなくなっているだけの話」と分析しています。

アメリカ、「中国から攻撃あれば日本を守る」宣言

08年に起こったアメリカ発「100年に1度の大不況」。これで、冷戦終結後つづいていた「アメリカ一極時代」が終わりました。そして、「米中二極時代」がはじまったのです。

「二極時代」といっても、2015年までその中身は、「沈むアメリカ昇る中国」。アメリカの影響力はどんどん下がっていき、中国のそれはどんどん増大していく。強大化する中国は、「日本には尖閣だけでなく、沖縄の領有権もない!」と宣言している。

※ 証拠=反日統一共同戦線を呼びかける中国

それで、日本の関心は、「尖閣有事の際、アメリカは日本を守ってくれるのか???」ということ。この件について、アメリカのハリス太平洋軍司令官は、こんな力強い発言をされています。

「中国から攻撃あれば尖閣を守る」 米軍司令官が言及

朝日新聞デジタル 1月28日(木)11時29分配信

 

米太平洋軍のハリス司令官は27日、ワシントンで講演し、中国が領有権を主張する尖閣諸島について「尖閣諸島が中国から攻撃されれば、米軍は同諸島を防衛する」と明言した。

 

米国は尖閣諸島が日米安全保障条約の適用対象になるとの立場をとってきたが、「中国の攻撃」に言及し、米軍による尖閣諸島の防衛に踏み込んだ発言は異例だ。

これ、どうなんでしょう。素直に喜んでいいのでしょうか?

print

  • 結局、尖閣有事の際にアメリカは日本を守ってくれるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け