【韓国】中国に裏切られた、朴槿恵大統領の憤怒と恨み

fun
 

昨年、韓国サイドが「歴史上最高の友好関係」と語った中韓関係。ところが先ごろの北朝鮮によるミサイル発射等を巡り、中国は韓国に対して不誠実とも取れる対応を連発、朴大統領の失望ぶりも報道されています。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』はこの事態を「韓国の自業自得」と一刀両断、さらに「韓国はどの国からも信頼されずに沈んでゆく」と手厳しく分析しています。

【韓国】「中国に裏切られた」朴槿恵大統領の憤怒と恨み

核問題:朴大統領、微温的な習主席に失望

北朝鮮による核実験、ミサイル発射という事態を受け、これまで「歴史上最高の友好関係」と謳ってきた中国と韓国の間にすきま風が吹き始めています。今年の1月6日に北朝鮮が核実験を行ったさいには、韓国国防部は中国国防部との間に開設したばかりのホットラインでの協議を持ちかけましたが、中国側はこれを無視、ホットラインはまったく機能しませんでした。

つながらないホットライン…対中外交間違った?

その後、朴槿恵大統領と習近平主席が電話会談を行ったのは、北朝鮮の核実験から1カ月も経った2月5日のことでした。しかも当初、中国側は深夜12時という非常識な時間に電話会談をやろうと提案してきたといいます。

先の新聞記事では、こうした中国側の不誠実な態度に、朴槿恵大統領もついに「憤怒に近い失望感を見せたと伝えています。最近では側近たちに対して、「これ以上、中国に期待するな」と発言しているそうです。

これまで極端なまでに媚中姿勢を見せてきた朴槿恵大統領ですが、利害が対立すれば、中国が韓国の意向など簡単に無視することは明らかでした。中国にとって韓国は「かつての属国」であり、意見を尊重すべき対等な国ではないのです。その辺りを見誤った朴大統領の外交失策ともいえます。

韓国の外交当局者は、「『内外の反対を押し切って、中国の戦勝節記念式にも出席したのに、中国はこんなことをするのか』という朴大統領の恨めしさが、最近の決定にまとわりついているのは事実」と語ったそうです。

しかし、こうした裏切り行為というのは、韓国が頻繁に行ってきたことでもあります。1992年の中韓国交正常化の際、台湾に対して、「断交はありえない」と言いながら韓国車を売りつけ、その直後に台湾との断交を発表、「これは韓国の外交的勝利」などと自画自賛した過去は、台湾人の記憶に生々しく残っています。

また日本にしても、いくら日韓基本条約を結んで両国で「解決済み」と確認しても、執拗に過去のことを蒸し返し謝罪と賠償を求めてくることに辟易し、国内で嫌韓ムードが広がってしまいました。朴槿恵大統領は、就任直後から海外に対して日本の非を訴える「告げ口外交を繰り返してきた張本人でもあります。

その朴槿恵大統領が中国に対して「裏切られた」として憤怒しているというのですから、ミイラ取りがミイラになったような話です。やはり中国のほうが一枚上手だったといえるでしょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【韓国】中国に裏切られた、朴槿恵大統領の憤怒と恨み
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい