日本は戦争に巻き込まれるのか? 人気作家が安倍総理の安保会見を解説

ooishi20150515
 

政府は限定的とはいえ集団的自衛権の行使を容認する安保法案を決議決定し、国会に提出しました。安倍総理の記者会見の模様をご覧になった方も多いかと思われます。この会見について、作家の大石英司さんは3つの気になる箇所があったと言います。

安倍総理の安保法案会見で気になった3箇所

安保法制を閣議決定、集団的自衛権の行使可能に

安倍内閣総理大臣記者会見

総理の会見で気になったのは3箇所

海外派兵が一般に許されないという従来からの原則も変わりません。自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、今後とも決してない。そのことも明確にしておきたいと思います。

法案は全くその通りで、あの手の戦争に直接参加する道を切り拓くものではない。ただ、米帝が一番期待しているのはそこであって、一方、国民が心配しているのもそこでしょう。米帝向けの説明と、国民向けの説明は整合性が取れるのか。

例えば南シナ海における件におきましては、これは全く私も承知しておりませんので、コメントのしようがないわけであります。

これは巧いこと逃げたなw と感じるけれど、政府内で検討中だけれど、今それを持ち出すと、通るものが通らないから、自分は知らないことになっている、というお話でしょう。

例えばISILに関しましては、我々がここで後方支援をするということはありません。これははっきり申し上げておきたいと思います。

これは難しい。オバマ政権が大規模な地上部隊を派遣する意志がない。幸い、勢力拡大は止まりつつあるという所で、その懸念は低いけれど、将来的に米帝主導なりNATO主導なりで、それが全くあり得ないことではないことを考えると、断言はどうかと思いますけどね。

一見複雑な法案で、審議時間はそれで足りるのか? という疑問はつねに付きまとうわけですが、一方で、実は政府と公明さんとの議論の過程で、論点整理は相当に進んだとも言える。

政府側が持ち出した仮想の設定がいさかか滑稽である点はさておき、一応の歯止めも掛かっていることであるし、むしろ野党は、その反対に関して、論理的整合性を備えるかどうか気を付けた方が良い。でなければ、安保なんて今の国民にとってはどうでも良いテーマで、やっぱりこの連中に政権を委ねるのは無理だと呆れられることになる。

image by:自由民主党

『日刊 大石英司の代替空港』2015.5.15号より一部抜粋

【2015.5.15号の目次】

  • もはや戦後では無い?
  • 「特攻」記憶遺産申請 南九州市長「美化ではない」
  • 箱根山規制区域内に入り点検 温泉供給業者ら重装備で
  • 米艦船、中国艦に追跡される=南シナ海でパトロール中
  • 勝負あったか 公明党が「反都構想」に転じて“橋下包囲網”完成
  • 大型犬襲撃逃走:散歩の女性けが 連れていた犬も2匹死傷
  • 中国「爆社員旅行」6400人が仏4泊6日17億円
  • 国会近くでドローン飛行 善光寺でも 少年を厳重注意
  • 台湾、日本食品全て輸入停止 協議物別れ、15日から実施
  • 台湾、産地証明で譲歩 輸入全面停止は回避 日本食品規制強化で
  • 年収1000万なのに赤字家計。原因は「何でも人並み以上」
  • 何だこの謎技術! 「ブドウの皮」を縫合するロボットの実験に成功!
  • 「間に合うはずだった」…韓国の軍事訓練で旅客機遅延、乗り継げず日航など乗客に損害賠償 大阪地裁
  • Amazon充電アダプタ人気No.1! 「Anker 20W 2ポートUSB急速充電器」がビビるほど有能でもはや手放せないレベル
  • 「絶対に許さない!」映画ファンを激怒させ続けるEXILEメンバーたち
  • 「大○合法化」訴える元女優・益戸育江、友人夫婦に「あなたも吸ってみたら」と……
  • 新スーパーガールとして、コミックヒーロー・ファンから好意を持って、認めてもらえたらしいメリッサ・ブノワ !
  • 有料版おまけ ガンカメラ

著者/大石英司
作家、鹿児島県出身、川崎市高津区在住。国内外の注目ニュースに関して alternative な視点を提供するメルマガはビジネスマンなら必読です。
<<お試し読みはこちら>>

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • 日本は戦争に巻き込まれるのか? 人気作家が安倍総理の安保会見を解説
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け